読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

デートプランナー

「ずずずさんに教えてもらったお店、チョー美味かったです!彼女も喜んでました!」― イケメン君は本命の彼女との横浜デートを楽しんでくれたようです。 紹介したお店を褒めてもらうことは自分が褒められているようで嬉しくなります。また、マリーンルージュ…

疲労度の違い

どこぞのCMではありませんが、Webの編集を始めてから目・肩・腰の疲労が重くなりました。書籍の編集時も疲労度は高かったのですが、Webの編集のほうが明らかに疲れます。 モニターをじっと見つめているせいであり、ブルーライトをカットするメガネをかけたり…

ささくれ立つ

「左手の薬指の神経は心臓につながっていて、そこに指輪をすることで“あなたのハートを縛ります”という意味から、結婚指輪は左手の薬指にする」 学生時代の師匠がこう話していたことを覚えています。本当かどうか分かりませんが、さすが仏文学者だけあってロ…

覆水盆に返らず

昨年末に刊行した書籍3タイトルが売れています。このうち2タイトルは過去のヒット作の改訂だったので一定の売り上げが見込めていたのですが、残りの1タイトルが予想以上に売れています。 私が企画から制作までを担当したものの、他社に流通と販売をお願いせ…

休みが多いよ、派遣さん

派遣だからすぐ休むのか、すぐ休むから派遣なのか。 “既婚女性で正社員にならなくても生活できる”“子どもが小さいので正社員のように働けない”など、自分で派遣社員という立場を選択している人はいます。 確かに派遣社員という働き方はメリットも多くありま…

イケメン君の横浜デート

「中華街で美味しいお店、知りませんか」― イケメン君に聞かれました。バレンタインデー当日は予定が合わなかったので、今週末に本命の彼女と横浜でデートするそうです。 休日の中華街はどのお店も観光地価格に変わるのであまりおすすめできないのですが、彼…

キャリアとスキル

「大阪に異動の内示が出たよ」― 昨夜の帰り、横浜駅で新聞記者時代の同期にばったり会いました。何か話したそうだったので飲みに誘ってみたところ、異動の話が出てきました。 私がいた新聞社は地方紙です。東京と大阪の2大経済圏を無視することはできないの…

Me And Mrs Jones

今日は北方領土の日です…いえ、北方領土問題に関心があるというわけではなく、コーヒースペースに貼ってあるビジネスカレンダーにそう書いてあったのを見ただけです。 ただ、それで納得したことが1つあります。出社したところ、オフィス前の3車線道路のうち1…

敗戦処理

「申し訳ありません。そちらのタイトルは現在、在庫切れの状態でして、重版の予定もありませんので、いつ出荷できるか未定となっております」 私の席のすぐ近くに、書籍の在庫管理や書店からの問い合わせを担当しているスタッフがいます。元々は4人のチーム…

一発芸入試

「ずずずさん、日本の大学は一発芸で入れるんですか?」― 朝イチの作業を片付けてコーヒースペースで休憩していたところ、年明けから隣の部署に異動してきたシンガポール人に尋ねられました。 彼は1年間、日本の大学に留学した経験がありますし、独自に日本…

秘書

江戸時代、町の治安を守る奉行所に“内与力”と呼ばれるポジションがありました。トップである奉行の秘書官のようなもので、奉行所を運営するための雑務を一手に引き受けます。 普通の与力は奉行所を設置した幕府などに雇われた役人なので、奉行が交代してもそ…

刺激

「月末だから」「月初だから」― 昨日は1月の終わり、今日は2月の始まり、毎朝聴いているFMで「皆さん、お忙しいでしょう」と言っていたのですが、私にはこの感覚が分かりません。 新聞記者も編集者も基本的に毎日忙しく、月末や月初だからいつもより忙しいと…

続・メールの書き方

部署が変わり、これまであまり仕事上のやりとりがなかったスタッフからメールがくるようになったのですが、書き出しに必ずついている「お疲れさまです」に対する違和感が半端ありません。 wakabkx.hatenadiary.jpビジネスメールの例文を紹介しているサイトで…

アマゾンの爆弾

アマゾンが爆弾を落としていきました。暴力などという生やさしい表現で済ませることができないほど、私に強烈なダメージを与えていきました。 wakabkx.hatenadiary.jp増刷についての打ち合わせでアマゾンを開いた瞬間、満を持して表示されました。 バレンタ…

高を括っていたものの

「出張を見送るよう指示があったんだ。空港や入国審査が混乱しているらしいし、僕も余計な面倒に巻き込まれたくなかったから良かったよ」 今日から米国本社に出張する予定だったトルコ人の同僚がふだんどおり出社してきたのでどうしたのか聞いたところ、冒頭…

金曜日の夜

金曜日の仕事帰りに待ち合わせて食事して、バーで飲んで、一緒に帰る ― 社会人になってから、1度でよいのでこういうデートをしてみたいとずっと思っています。 新聞記者時代は24時間365日気が休まるときがなく、曜日の感覚など失っていました。事前に「この…

人の振り見て我が振り直せ

「どうして教えてくれなかったんですか」― イケメン君に怒られました。やはりカスタマーサポートの女性に私のことを聞いたそうです。 「“どこの派遣会社?”と聞かれて派遣スタッフのふりをしたことは申し訳ないけど、そもそもなぜ私のことを派遣スタッフだと…

言葉遣い

私は正社員であることがイケメン君にバレたもようです。 タバコを吸いにいったらイケメン君がいたのですが、私を見るなりギョッとした顔をして「お疲れさまです」と小さい声で言い、そそくさと戻っていきました。 私が先にいるといつも「お疲れ~♪」と声をか…

再会

「お久しぶりですね。もうかれこれ何年前になりますか。まさかご一緒することになるとは思いませんでした」― すげー!やっぱりできる男は違うよ! 今日、新しい日本支社長と顔を合わせたのですが、開口一番に上記のように話しかけられ、期待しつつも半信半疑…

否が応でも

「“もう2度とやりたくないし、顔も見たくない”なんて言ってるんだって?」― 広告チームの女性が怒り心頭で私のデスクにやってきました。何のことやらちんぷんかんぷんです。 広告チームが担当する今年の紙媒体について編集部のダイレクターを交えたミーティ…

人間性

久々に友達が顔を見せてくれました。 彼女は飼い猫です。飼い主さんがきちんとご飯をあげているでしょうから、私が勝手に何かあげるわけにはいきませんが、ささみジャーキーをほんのひとかけらなら許してもらえるでしょう。 友達をもふもふしていたらイケメ…

釣り餌

「ずずずさんって彼と仲が良いらしいですね。今度、彼を誘って一緒にお昼いきませんか」―“彼”とはイケメン君のことです。彼のイケメンぶりはフロアが違う営業の女性陣にも知れ渡っているようです。 私の人生はこのようなことばかりです。遠くから眺めている…

危険な読書

編集という仕事を始めてから、私は書籍を読めなくなりました。正確には“楽しんで”読めなくなってしまいました。職業病というものなのかもしれません。 カバーや紙面のデザインといった目に見える部分はもちろん、書籍を企画した編集者の意図、定価から予測さ…

上から目線

「ずずずさんっていつも朝早くて夜遅いよね。勤務時間ってどうなってるの?」― 今日もイケメン君に絡まれています。 ふだんタバコを吸う場所は灰皿が置いてあるしっかりした喫煙所ではなく“裏口から出たその辺”です。みんな携帯灰皿を片手に吸っています。 …

義務と権利

何事においても控えめで自分の考えを主張しないと言われることが多い日本人ですが、最近は自分の考えをはっきりと述べる人がずいぶん増えたと思います。 また、職場でも有給休暇や昇給など労働者の権利に対する意識が高くなっています。それが通るか通らない…

続々・ヘッドハンター

「高い評価をいただいたにもかかわらず大変申し訳ありませんが、今回の話は辞退いたします」― 先ほどヘッドハンターに会い、先日の誘いを断ってきました。 いまの会社に恩や義理などありませんが、日本法人のトップが変わってからどうなるのか、それを見てみ…

顔で笑って心で泣いて

自分の常識が他者にとって常識でないことは多々あります。 「こうすることが当然」と思い込んでいて指示しなかったことが伝わっておらずミスにつながると「何でそうしないんだ」「言わなくても分かるだろ」と怒ってしまいがちです。 しかし、そこで他者を怒…

新しい友達

昨年末、オフィス近くに住んでいると思われる新しい友達ができました。15時ごろにタバコを吸いにいくと、どこからともなく現れます。3日続けて会ったとき、用意しておいたささみジャーキーで友達の契りを結びました。 友達は♀です。人間の女性にはまったく好…

拗ねるアラフィフ

アシスタントの扱いが面倒です。 編集のアシスタントとして来ていただいている派遣スタッフさんが2人いるのですが、片方が最近、ご機嫌斜めなのです。ちょこちょこと休む、例の女性(40代後半)です。 もう片方は男性(30代後半)ですが、彼は弊社で扱ってい…

変態仮面

セクハラで厳重注意を受けました…スペイン人の同僚が。 『変態仮面』をご存知でしょうか。1990年代に週刊少年ジャンプで連載していたマンガで、昨年は実写版の映画が公開されていました。 hk-movie.jp刑事の父とSM嬢の母の血を受け継ぐ高校生がパンティを顔…

内通者

昨日、ある社員の退職アナウンスが流れました。退職自体はさほど気にすることではありませんが、退職後の行き先を知りたがることと、それを調べて嬉しそうに吹聴する人間がいることはサラリーマンの常です。 私のもとにも退職後の行き先の情報が流れてきまし…

風向き

風向きが変わってきたかもしれません。 書籍の増刷部数を決めるプレゼンであっさりと増刷が承認されました。初めは強気の部数を提示して、徐々に減らして妥協点を探ろうと考えていたにもかかわらず、初めの部数で決定です。 さらに、このどさくさに紛れ、書…

神はドS

観光スポットに来てはしゃぐ気持ちは分かります。 しかし、いくら嬉しいからって、見るからに彼女がいなさそうなブサイクな私に対し、ほっぺにチューしているところの写真を撮ってくれと頼むカップルの不幸を祈るぐらい許されてもいいと思うの。呪ってよかと…

衝撃の事実

イケメン君にいじめられています。 私がタバコを吸いにいこうと席を立つと後を追ってきて話しかけてきます。教育係の女性をおばさん呼ばわりし、香水がきついだの、手を触られただの、デスクにいるときとは大違いです。 また、カスタマーサポートの中では○○…

ブサイクの目にも涙

外資系は就労時間にうるさいのです。定時しか働きませんし、残業していると「定時で仕事を終えられなかった無能なやつ」と見なされます。もちろん例外はありますが、外人は基本的に定時で帰ります。 定時で仕事を終えられない業務量であれば、それを割り振っ…

イケメン

イケメンはそれだけで人生でずいぶん得をしていると思います。 もちろん、イケメンなりの悩みがあると思います。「顔しか見ず、中身を見てもらえない」「“女遊びが激しそう”など先入観を持たれる」「ストーカーにつきまとわれる」など、イケメンの友人に聞い…

続・ヘッドハンター

「聞きましたよ、彼の解任の件」― 席に座ってNDAにサインした直後、ヘッドハンターが発したひと言で背筋に悪寒が走りました。オフィス内にヘッドハンターの内通者がいるとしか考えられません。 実は13日の金曜日、日本支社長の解任が発表されました。しかも…

続・アマゾンの暴力

アマゾンの暴力がおさまりません。 wakabkx.hatenadiary.jp先日の仕打ちに懲りてエロマンガは楽天koboで見ることにしてアマゾンで変なものをクリックしないように注意していました。その結果、アマゾンのトップ画面では堅い専門書や小説が表示されるようにな…

転職エージェントとヘッドハンター

「エージェントはどこを利用しました?」― 私は何気なく聞いたつもりだったのですが、相手はキョトンとした顔で「“エージェント”って何ですか?」と聞き返してきました。 印刷会社の営業さんが新入社員を連れて新年のあいさつにお見えになりました。新入社員…

続・重版出来

書籍付きセミナーの申し込みが200人を超えました。申し込みはまだ増えており、現時点で233人です。このペースだと300人超えが見えてきます。増刷部数を見直します。経緯についてはこちら。 wakabkx.hatenadiary.jp良い書籍は売れます。そして、書籍編集部は…

ヘッドハンター

「ずずずさんを求めている企業があります。ポジションは15人を率いるマネージャー、1年目は800ですが、2年目から1,000をお約束します」― ヘッドハンターから連絡がありました。 ヘッドハンターと以前、会ったときの模様はこちら。 wakabkx.hatenadiary.jpこ…

空振り

CEOとのランチミーティングはキャンセルになりました。日本支社での上層部だけのミーティングを約2時間で片付けた足でそのままソウルに向かってしまったからです。 私を含むスタッフ一同がCEOを見たのは昨年の業績と今年の戦略を説明した約30分だけ。質疑応…

決戦は火曜日

明日、米国本社からCEOが来日します。今日の午後はずっと理論武装していました。 日本人に日本語で言うのも難しいことを、外国人に英語で上手く言えるのか、私の英語力では心もとないのですが、一矢報いないことには腹の虫がおさまりません。 外資系でボスに…

丸の内

丸の内のオフィスビル街をスーツ姿で歩いているとビジネスマンになった気がしています…って、いまも一応ビジネスマンなのですが、ふだんは私服ですし、職場もオフィス街ではありません。 午前10時すぎに出社して夕方に打ち合わせで外出してそのまま直帰、自…

空気を読む

「クリスマスイブに入籍しました」― 営業の男性(30代前半)です。先ほどお昼ごはんを一緒に食べに行った際、満面の笑みで指輪を見せつけながら話していました。 … …… ……… チッ(涙) 夫婦として初めてのクリスマス、夫婦として初めての年末のお買い物、夫婦…

誤植

仕事始めの日に開いた最初のメールは誤植の連絡でした…。 昨年末に制作した広告案件です。クライアントから営業にお叱りの連絡があり、それを受けた営業から私に連絡がありました。新年早々、営業にも嫌な思いをさせてしまいました。 誤植はこのクライアント…

お昼ごはんと卓上カレンダー

今年のお昼ごはんの食べ納めは相も変わらず松屋です。この会社に入ってから、転職の際にはオフィス周辺の飲食店をチェックすべきであることを痛感しました。 ふみちゃんとお昼ごはんを一緒に食べることを妄想したこともありました。陽気が良いときには私がお…

もしかしてだけど

「ずずずさんはやはり今日も出社されるんですね」― 出社してパソコンを立ち上げたところで、昨日、私になぜ結婚しないのかと聞いてきた契約社員さんに声をかけられました。 何か恨まれるようなことしたっけ…?一緒に飲んだことはないし、ランチしたことすら…

結婚しないんじゃなくて、できないんです

「ずずずさんは何で結婚しないんですか?」― 契約社員さんの女性陣に聞かれました。女性陣の1人がプロポーズを受け、年始に初めて彼の実家に行くとのことで盛り上がっていました。 弊社の正社員は中途でしか採用しません。女性も他社で経験を積んだ社員ばか…

から揚げ弁当

雨が降っているのであまり出歩きたくない、しかしお腹は空く、そして無性にから揚げが食べたい…そういうときはオフィスのすぐ近くにある弁当屋のから揚げ弁当、550円です。 このお店は「℃-ute」というハロープロジェクトのアイドルグループのファンにとって…