電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

東芝Librettoの思い出

私が大学に入学した1997年、PCはまだ特別なものでした。ようやく大学にPCルームが設置されたころで、OSはWindows NTという2000よりも前のものでした。

FTTHやWi-FiなどはもちろんADSLすらない時代、つまりダイヤルアップです。ピーヒョロヒョロという若者は聞いたことがないであろう音がしたアレ。テレホーダイで泣いたおっさんの気持ちが分かるか?

私が初めてPCを買ったのは大学3年の終わりでした。国内外の学生や研究者とメールでやり取りしたり、海外の論文を読んだりするためでしたが、とても感動したものです。

そのPCはIBM時代の1161-72Jというモデルでした。CPUはCeleron 700MHz、メモリは64Mという貧弱なスペックに、OSは伝説のWindows ME。これでも20万オーバーなどいまでは考えられません。

デスクトップであればそれほどでもなかったのに何でわざわざノートにしたのかといえば、外に持ち出したいと思っていたからです。

MacBookなどまだなく、ケータイはNECのN501iが大ヒットしていたころです。外でPCを使っているだけでスタバでドヤれる時代でした…そもそもスタバがまだなかったか。

ただ、このPC、フル充電しても2時間もつかもたないかという貧弱さでしたし、そもそも重量が3kg弱ありました。こんなものを持ち運べるわけがありません。

そんなとき、友人が使っていたのが東芝のLibrettoです。片手で持てる大きさと重量でWindowsが動く衝撃は半端なく、文字通り一目惚れしましたが、学生は手が出せない価格でした。

matome.naver.jpそれ以来、いつかLibrettoを買うことを夢見ていましたが、ノートPCがどんどん進化しながらも安くなり、外での通信インフラも整い、Librettoのことはすっかり忘れていました。

東芝からPC事業を引き継いだシャープがイベントでdynabookを披露したそうです。シャープといえばメビウスだったので不思議な感じがしますが、dynabookが消えなかったのは良かったと思います。

pc.watch.impress.co.jp今後、UltrabookにLibrettoなんていう名前をつけて売り出したら衝動買いしてしまいそうです。MacBookをスタバで広げるのではなく、Librettoをドトールで広げるおっさんになりたいものです。

マネジメント経験

マネジメント経験は本当に必要なのでしょうか。

40代の転職となると必ずマネジメント経験を聞かれます。部下を持ち、チームを率い、自分で動くのではなく周囲を動かして成果を上げる能力です。

スポーツ界でよく言われることですが、名選手が名指導者になれるとは限りません。例えば長嶋茂雄氏のように、あのテの世界には本物の天才がいます。

前職の上司がこのテの天才肌でした。しかも外国人。空気がよどんだ会議室に入った瞬間「“生暖かい”って言い得て妙の日本語だよね」と言うぐらい日本語がペラペラでしたが、多少なりとも言葉の壁がありました。

特にマネジメントしてもらった思い出はありません。強いて言えば、ラマダンの間は常にボーッとしていることを学んだぐらいです(ムスリムでした)。

それでも職務経歴書には私を含めた約10人をマネジメントしていたと書けるわけです。そして、採用する側は職務経歴書と1時間弱の面接だけで判断するしかありません。

私はマネジメント経験がありませんでした。新聞記者時代はデスクの下で経済部を実質的に差配していましたし、前職ではマネジャーの下で書籍編集部を引っ張っていました。

しかし、役職が付いていたわけではなく、実質的にマネジメントしていたものの、職務経歴書には書けません。これが理由でお見送りになったところもありました。

私は今回、管理職として採用されています。入社してからダイレクターに何で採用したのか聞いてみたところ「何かできそうだったから」とのことでした。

40代での転職を考え中で、マネジメント経験の無さを気にしている人もいるかもしれませんが、しょせんこの程度のものです。そして、私はいま何とかなっています。

マネジメント経験必須と書かれると気後れしてしまいますが、40代以降でも身につけられるものだと思います。それほど大したことではないのかもしれません。

定額レンタルのスーツ

スーツの定額レンタルサービスなるものがあるそうです。レナウンとAOKIの2社が先行してサービスを開始しているそうですが、実際に利用しているという方はいないでしょうか。

trendy.nikkeibp.co.jp新聞記者時代は毎日スーツでしたが、出版社に転職してからは私服で、スーツは著者との打ち合わせなどでごくたまに着るぐらいでした。そしていまはノーネクタイのジャケパンが基本です。

新聞記者時代は外を歩き回っていたのでスーツといっても作業着の感覚でした。高いものは買わず、P.S.FAやSUIT SELECTといった安めのスーツを使い捨て感覚で購入していました。

実はそれから7年ぐらい新しいスーツを買っていません。オフィスがスーツでなければ着る機会が意外とないのです。それこそ年に数えられる程度しか着ません。

もちろん仕事以外で着ることもありますが、幸い体型に大きな変化がないので、新聞記者時代に買ったものがまだ着られます。また、1着だけあるオーダーメードのスーツで事足ります。

夏はシャツとスラックスだけで、これらは6~7着あります。これからの時期はジャケットを羽織ることになりますが、それでも2着あれば十分です。別に着なくてもよいわけですから。

私の場合、レナウンの月額4,800円(+税)のコースで十分で、申し込んでみようか考え中です。AOKIのほうでもよいので、もし実際に利用されている方がいたら使い勝手などを聞かせてください。

経営層など社会的な立場がある人は自分で足を運んで良いものを購入したほうがよいと思いますが、私のようなスタッフレベルは「このスーツがよい」ではなく「このスーツでよい」のです。

シェアリングエコノミーがいま、全世界で急速に拡大しています。レンタカーなど古くからある概念ですが、ここ最近の勢いには圧倒されてしまいます。人はこうしてオジサンになっていくのでしょう。