電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

仕事

お通夜

新聞社でお世話になった先輩が20日(火)に亡くなったと連絡があり、きのう22日(木)にお通夜に行ってきました。享年45歳、くも膜下出血だったそうです。 先輩に初めて会ったのは入社4年目、新たに異動した支局でした。そこは主要支局の1つで、そこで実績を…

メジャーデビューアルバム

「1stアルバムの発売日が7月7日(金)に決まりました」― 私が3曲だけ参加したファンク/ソウルバンドのメジャーデビューアルバムがついに発売されるそうです。 ゴールデンウィークのレコーディングから特に触れていませんでしたが、ミックスダウンやマスタリ…

感情が高ぶる

ふみちゃんがいました。 しかも今朝は同僚がおらず、ふみちゃんが1人だけでした。品川駅でふみちゃんと一緒になって私のオフィス前まで2人で並んで出社できたら、と考えたことは数えきれません。 しかし、そのようなことはこれまでありませんでしたし、今後…

マンガ棚

私の家に遊びに来る友人たちはいくつかのことにとても驚きます。 文学全集や学術書、専門書などがぎっしり詰め込まれた巨大な本棚と、そこに収まりきらず床に積み上げられた膨大な量の書籍。 乱雑な書斎と打って変わり、男の1人暮らしであるにもかかわらずち…

サボり

「何かだるいし、雨降ってるし、会社行くの面倒くせーな…よし、休んだろ」 字面だけ見ると最低なサラリーマンです。「は?仕事舐めてんじゃない?」と思う人が多いと思いますし、私もそう思います。しかし、寝起きでこう思ってしまったのですから、仕方あり…

1人飲み

昨日は16時前に著者への説明とお詫びを終えたので、オフィスに戻ってひと仕事してもよかったのですが、やりきれない思いでいっぱいだったので直帰しました。 直帰といってもまっすぐ家に帰るわけではなく、ざらざらした気持ちを整えるために当然、一杯引っか…

続々・編集者

専門書は著者の心意気によって出来上がっていると言っても過言ではありません。食べていくだけの稼ぎは本業で賄えているので印税でどうこうしようという気持ちはなく、純粋に自身の知識を他者と共有したいと思っているだけなのです。 そう、純粋なのです…。 …

続・編集者

“自費出版”が珍しくなくなり、それをメインとした出版社も増えています。極端な話、いまやお金を払えば誰でも“著者”になれる時代です。それは決して悪いことではありません。 ただ、出版業界はこれまで、編集者が“このことに関する書籍があったら売れそうだ”…

編集者

「御社だから受けたのにどういうことですか?」 書籍出版事業の廃止と他社への版権委譲の説明をしにいった著者に詰め寄られました。私は「大変申し訳ありません」と頭を下げるしかありません。 出版業界について改めて説明しておきましょう。 “本を出す”とい…

虫の知らせ

ふみちゃんにもう2度と会えないかもしれない。 理由は特にありません。今朝、ふみちゃんがいなかったのですが、そのときに何となくそう思いました。そして、このテの私の勘はよく当たります。 明日になったらしれっと「ふみちゃんがいました」と書いているか…

軸はぶれない

ちょうど1週間前に校了した広告媒体の見本がきょう納品されました。努力が手に取れる形になることは編集者の醍醐味です。「がんばって良かった」としみじみ思います。 それと同時に、やはり私はエディターではなくライターなのだと実感します。寄稿を除き、6…

ICレコーダー

「君はずっと休んでいても構わないが」 編集部のメンバーが全員、ダイレクターに呼ばれました。各社員の有休の残り日数が人事から送られてきたそうで、要は編集部はみんな有休消化率が悪すぎるからもっと休め、という話です。 その中で1人ひとりの有休の残り…

歯牙移植

歯が取れた。 正確には歯に被せていたものが取れたわけですが。例のイギリス人の同僚がくれたミルキーを噛んでいたらくっついて取れてしまったというお約束の展開です。 歯科医院に行ってまた着けてもらえばよいのですが、歯科医院であればどこでもよいわけ…

白とピンク

「A印刷のBと申しますっ!よろしくお願いいたしますっ!」 書籍出版事業の廃止に関する公式アナウンスの決定と、初校まで作ったタイトルの制作中止について先日お伝えしました。悔しいですが、仕方ありません。 wakabkx.hatenadiary.jp著者への説明とお詫び…

飼い殺し

「それについては2人で打ち合わせして大体の方向性を決めてあるので」 毎週木曜日の午前中は全体ミーティングがあります。こちらは営業が主導しているので、さすがに私を外すようなことはありません。 ただ、ある件について営業から「ずずずさんはどう思いま…

前職調査?

「御社に在籍されていたAさん(仮名)についていくつかお尋ねしたいことがあるのですが」 … …… ……… 何だこれ? しかも、会社代表や編集部ではなく、私のデスクの直通番号に電話がかかってきました。電話を受けた瞬間「ずずず様の番号でお間違いないでしょう…

マーケティング

「“そっちでいらないならうちにくれ”って言っておいたから」 マーケティングのダイレクター(日本人)からメールがきました。“ずずずがどうやら干されたようだ”と聞きつけ、マーケティングにもらえないか、私のダイレクターに打診したそうです。 仕事でミス…

長時間労働

干され始めたといってもジョブ・ディスクリプションに明記された業務があるわけで、それを淡々とこなして定時の17時直前にすべて終えました。 ダイレクターは部下の能力を正確に把握し、それに見合った業務を割り振る、マネジメントという重要な任務を与えら…

社内ニート

「あれ、ずずずさん、いたんですか。ずずずさんだけいなかったんで休みなのかと思っていました。何でミーティングに出なかったんですか?」 昨夜、ダイレクターから部署のメンバーに連絡があり、午前11時にミーティングが設定されたとのことで、下半期の取り…

臥薪嘗胆

「あっ、ふみちゃん」 昨日、今日と2日続けて我らが京急が遅れました。昨日はアルミ風船の架線への接触、今日は雨による混雑にドア点検が重なりました。 以前の電車であれば、ふみちゃんも私も遅れるときは一緒です。しかし、いまのように電車の時間が違うと…

続・意地とメンツ

「今回は何とかフォローできたが、2度目はないと思ってほしい。仕事や仲間に対する君の考え方は素晴らしいが、組織には組織の論理というものがある」 支社長とダイレクターとの三者面談の後、支社長に言われたことです。決して短くないサラリーマン生活を経…

意地とメンツ

色々と馬鹿馬鹿しくなり、オフィスを出てきました。明るいうちから公園で缶チューハイをあおっています。 これでスーツを着ていたら、リストラされたことを家族に言えずに出社するふりをして公園で時間をつぶすサラリーマンと思われるかもしれません。 ちな…

ダイレクターからの呼び出し

あす12日(月)午前10時、支社長同席の上でのダイレクターからの呼び出しが設定されています。 格好つけて意地を張って、半沢直樹の真似をしてみたまではよかったものの、現実世界ではドラマのように上手くいくわけがなく、報いを受けなければなりません。 …

もつ焼き

人はなぜ生きるのか ― 偉大な思想家たちが挑み続け、しかし明確な答えが未だ見つからないこの難問に今日、1つの答えが見つかりました。 … …… ……… 美味しいもつ焼きを食べるため! パトラッシュ、大きな仕事が終わってからのもつ焼きはたまらないんだよ。僕ら…

校了

先ほど広告案件を校了としました。 印刷会社のftpサーバに再入稿データをアップし、受領と不備がない旨の連絡をもらいました。鎮火の見通しが立たないほど炎上していましたが、消火に成功しました。 誰も見ていない、誰にも評価されない、むしろこの業務に携…

寝不足

ふみちゃんの夢を見ました。 いつもの京急に乗っていて、私の左側にふみちゃんが立ってずっとスマホを見ている…特に何もなく、ただそれだけの夢でした。 それ“だけ”ですが、いまとなってはそれすら不可能になってしまいました。ただ一緒の電車に乗るだけ、と…

香水

自宅に帰り、玄関のドアを開けた瞬間、強烈な香水の匂いに見舞われました。 …という書き出しで始めると「まさか通い妻が!」と思われる人もいるかもしれませんが、私に限ってそのようなことはありません。 今朝、出がけにひっくり返した自分の香水の匂いです…

未読メール

「受信トレイに未読メールがあります」 言われなくても分かっています。実は昨夜、某アイドルのレコーディングを手伝うことになっていて、17時にオフィスを出て以降、1度もメールをチェックしませんでした。 広告案件の校了直前であるものの、あとは外部スタ…

暴風雨

嵐がきません。 嵐がくるのは嫌ですが、嵐がくるのは確実、嵐がこないとそれはそれでヤバい状態なのですが、嵐がくる気配すらありません。 お昼ごはんを食べに行くこともできず、身動きが取れません。さて、どうしたものか…こういうときはふみちゃんのことを…

嵐の前の静けさ

「52通の未読メールがあります」 昨夜(日付変わって今日)は午前2時30分ごろまで仕事をしながらメールをチェックしていたのですが、午前8時30分に出社してメーラーを立ち上げたら冒頭の表示が。 … …… ……… みんな寝ようよ(汗) 送信側は昼間で仕事中という…

普通

私はごく普通の家庭を作ってみたいと思っていました。 自宅に帰ったらまずウイスキーの水割りを1杯あおります。それからパソコンの電源を入れ、立ち上がっている間に着替え、メールをチェックします。 いつでもどこでも仕事ができるよう、ITサポートに頼んで…

スケジュール管理

印刷会社へのデータ入稿はあす6日(火)でした。 … …… ……… よ、良かった(涙) 「印刷会社には○時にデータを渡します。入稿用PDFの書き出しに2時間ぐらいかかりますし、渡す前にデータチェックする必要があるので、○時には入稿準備を始めましょう」 外部の方…

表舞台

ふみちゃんはいつもキラキラしています。 それに比べて私はくすんでいます。ふみちゃんを見るたびにその眩しさから身の程を痛感します。あんな女の子と仲良くなりたいと思ってしまった自分に腹が立ちます。 ふみちゃんは今朝も同僚2人と一緒で、楽しそうに笑…

逆のことを喜ぶ

19時ごろにオフィスを出るとふみちゃんに遭遇してしまう ― 忘れかけていたことを思い出し、今日は21時過ぎまでオフィスにいました。 広告営業チームの案件で今日中に片付けておかないといけないものがあったからで、本来であればうんざりしますが、今日はむ…

消える前に消す

「ずずずさんもぜひパーティーに来てください!」 広告営業チームの女の子が来月、結婚するそうで、披露パーティーに誘われました。確か28~9歳、30歳にはなっていなかったと思います。 チームもフロアも違うので滅多に顔を合わせませんし、一緒に仕事するこ…

ぎこちなく

最近、タバコを吸っているとよく見かけます。 会ったら会釈する程度の関係でぎこちなく、まだ友達になれていません。目が合って会釈してもすぐに眠ってしまいますし。 暑いので土の上で身体を冷やしているのでしょうか。猫はこのようなことをしないと思い込…

タイムリミット

日本市場での書籍出版事業の廃止について、7月1日に公式にアナウンスされることが決まりました。これに先立ち、来週から著者への説明とお詫び行脚が始まります。 私はいま、最後に残った1タイトルの制作を進めていて、連休明けの時点で初校を作り上げていた…

消火活動again

「○○さん(ダイレクター)が明日からずずずさんのメールの履歴を送るように言ってきたんですけど、何かあったんですか?」 … …… ……… ITサポートの新人ちゃん、グッジョブ! 忙しいときでもお構いなしに書籍制作について質問してくる新人ちゃんを邪険にせず、…

再炎上

「それは君の仕事ではないし、君には他にも仕事があるし、雑誌チームと広告営業チームで解決すべき問題であって、君には関係ない」 こそこそと隠れて動くのがあまりにも不自由なので、私がヘルプに入ることを雑誌チームの編集長からダイレクターに話してもら…

消火活動

先日のエントリーで書いた広告営業チームの案件が炎上しています。原因はスケジュールを無視して質にこだわる職人気質の編集長です。 wakabkx.hatenadiary.jp印刷物に限らず、音楽や絵画など、制作に携わる人間が質を追求するのは素晴らしいことですし、編集…

乗務員のトラブル

「ただいま“乗務員の”トラブルのため運転を見合わせております」 いつものようにオフィスの最寄り駅から1駅だけ地下鉄に乗り、京急と直通している路線に乗り換えたところで電車が止まりました。 てっきり“乗客の”トラブルだと思っていました。降りるときに押…

楽をしたい

人間は楽をしたい生き物なのです。 「これをこうして最終的にこうしてほしい」ということを一から説明するより、素材を投げただけで思ったとおりにできあがってくるほうを選びます。 広告営業チームの案件について、私が昨年、1年をかけてフォーマットやルー…

今日に限って

「こんな重大な不具合が発生しているのに、お前のところは客に何の連絡もしないのか!」 トラブルとは「何で今日に限って…」という日に起こるものです。なぜかは分かりません。世の中とはそういうものなのでしょう。 弊社のサーバーがダウンし、オンライン製…

解雇

外資系はシビアです。もちろん日系もシビアですが、質が違います。 例えば解雇に対する考え方です。 日系は雇用の確保を至上命題としているため“解雇”という言葉は禁句と言っても過言ではなく、口にすることすらはばかられます。 一方、外資系は雇用を保障し…

背負い込む

「借金はあと何本ですか?テープ起こしと事前資料をくれれば書き直します。それとも戻ってきたものをゲラにしたほうがよいですか?」 言っちゃった…。 何で自分から苦労を背負い込んでしまうのか。いくら困っているからといって私には別の仕事も山ほどあるの…

ボブ襲来

「ヘイ、ずずず!久しぶり!」 オフィスで集中していたところ、背後からいきなりスリーパーホールドをかけられました。一瞬だけですが、見事に頸動脈が絞まり、意識が飛びかけました。 こんなことをするヤツは1人しかいません。案の定、一昨年まで東京オフィ…

仏の顔は三度もない

私は同僚に「仏のずずず」と呼ばれることがあります。 誰もが怒る状況でも怒りませんし、誰かが困っていれば無理をしてでも手伝います。「他人に優しく、自分に厳しく」が私のモットーです。 オフィス裏でタバコを吸っていたら、また若いカップルに写真を撮…

女性の年齢

「私いま35で今年36なんですよ」「えー、私なんて今年46なんだけど」 隣の部署から聞こえてきた会話でびっくり仰天しました。女性スタッフが年齢の話をしていたのですが、私が想像していた年齢よりずっと上で。 今年で36歳になる女性は28~29歳、46歳になる…

他人のために書く文章

自分のために書く文章と、他人のために書く文章は違います。 「何をそんな当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、プロを名乗りながらそれができないライターがたくさんいます。 他人のために書く文章とは、相手が「これを取り上げてほしい」と指定…

職務

「仕事とはどういうものかよく分かっていないのか?」 朝イチでダイレクターに詰められました。まさかこれだけのキャリアを積んできたにもかかわらず“仕事とは何か”という根本的な部分で怒られるとは思いもしませんでした。 ダイレクターはセクショナリズム…