電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

仕事

会心の一撃

「そういう視点からの意見が欲しかったんです。ずずずさんみたいな人が来てくれて助かります」― “ずずずは会心の一撃を放った”というドラクエのセリフが頭に浮かびました。 私はコンサルタントの知識や考え方を知りません。しかし、逆にコンサルタントは編集…

焼き鳥とじじいと男にモテる男

焼き鳥は本来、80~100円であってほしいのです。つくね(黄身付き)やぼんぼちなどは120~150円でよいと思いますが、焼き鳥で200円など「マジっすか!」と思ってしまいます。 仕事帰りにふらっと寄り、盛り合わせをつまんだ後にお好みを数本頼み、生ビールを…

転職とお昼ごはん

給与や待遇、職種、勤務地、福利厚生、安定性…転職の際に重視する条件は人それぞれですし、私は今回の転職で職種を最重要視したわけですが、常に頭の片隅に置いていた条件が1つあります。 オフィス周辺にお昼ごはんを食べられるお店が多いかどうかです。 「…

コンサル

「コンサルタントってスゲェな…」 新聞社や出版社でこれまでたくさんのキレ者を見てきましたが、純粋ないわゆるコンサルの生態は噂で聞く程度で、間近で見たことがありませんでした。 それが新しい職場にはゴロゴロしています。前職はマッキンゼーやデロイト…

働くこと

「社長のお気に入り数人だけで盛り上がってる」「大多数の人がやる気なくして雰囲気最悪」「きょうにでも辞めるって言いたい」― 先月末で退職した会社の元同僚たちから毎日のようにLINEが届きます。 以前から書いているように私は転職を勧めないので「それな…

引っ越そうかと

きょうの帰り、ふみちゃんを見ました。 お盆休みということでドアの前の列も短く、クタクタに疲れていたので何も考えずに京急に乗ろうとし、ふと顔を上げたところでふみちゃんの横顔が目に入りました。 慌てて後ろに下がったせいで私の後から乗ろうとしてい…

お盆休み

私はいわゆるお盆休みというものを経験したことがありません。前職の出版社でも、前々職の新聞社でも、夏休みはありましたが、7~9月の間で自分が好きなときに5日間休むような形式でした。 どこに行っても混んでいるお盆に休むより少しずらして休めるのは良…

衝撃的なメール

きょうの夕方、衝撃的なメールが2通届きました。システムへのアクセス権の付与を申請し、それが承認されたというたわいのない内容ですが、問題は送信者の名前です。 表示されていたのは、ふみちゃんと同姓同名でした…。 以前にも書きましたが、私はふみちゃ…

鬱憤

「プロジェクトチームに加わっていただき、ずずずさんの前職での知見を活かしてください」― 営業の依頼を受け、入社早々、大きなプロジェクトに携わることになりました。 私がこれまでやってきたことを説明するとともにいくつかの質問に答えただけなのですが…

2年前の思い出

2年前のことを考えると否応なくふみちゃんのことを思い出します。 退職合意書へのサインを迫られた日から毎日、玄関からの一歩に苦労しました。「このままずっと行かなくても誰も気にしないんだろうなあ」と思えてしまい、泣きそうになりました。 しかし、そ…

待ちの時間

「そうだった、編集という仕事は待ちの時間があるんだった」 原稿をチェックし、それをDTPに修正してもらっている間、編集者は待ちの時間に入ります。通常は案件をいくつか抱えているので別件のチェックを進めますが、私はまだチームのサポートなので2件しか…

前途多難

「実は○○さんが辞めることになってね。先月末に言われていたし、やりたいことがあってということだから、決してずずずさんのせいではないから」 入社して4日目、部下であるチームメンバーの1人が早速、辞めることになりました。もちろん、私が何かしでかした…

運はあくまでも運であり、実力のうちではない ― 私は常にそう思っています。私が今回、転職できたのはやはり運が良かったのでしょう。 確かにスキルやキャリアを身につけ、面接でそれを上手に伝えることができたから転職できたわけです。 しかし、それに見合…

もっともっと上に

「ずずずさん、チェックをお願いできますか」― 原稿を紙に出力し、赤ペンを持って一心不乱に読んでいても文句を言われず、そもそもそれを求められています。 転職を2回経験し、今回は3社目になります。中途採用は新卒のように可能性を評価するのではなく初出…

ピンクのブラ

美味い酒を飲むため ― 私が働く意味です。 仕事帰りに行きつけのモツ焼き屋さんにふらっと寄り、サワーを片手に串焼きを数本つまみながらナイター中継を見るために私は働いているわけです。 守るべき家族があればもっと働きがいがありますが、残念ながらブサ…

転職初日

PCが以前のものより小さい、モニターが以前は3つあったのに1つしかない、設定を最初からやらないといけない、モニターを梱包していた段ボールを捨てる場所が分からない…。 転職すると仕事以外の部分でストレスが溜まります。さらにこれから人間関係の再構築…

3つの坂

午前6時30分に起きて7キロ走り、汗だくで帰ってすぐにぬるめのシャワーを浴び、マキネッタで丁寧にエスプレッソを淹れて朝ごはんを食べ、約2時間みっちり英語を勉強して。 こんなのんびりした朝も今日で終わりです。就業開始の明日以降はさすがに朝イチでジ…

入社式

「ビジネスカジュアルを採用しておりますが、初日は入社式がございますので、スーツでお越しいただくのがよろしいかと存じます。以降はオフィスの様子を見てご自身で判断されますよう」 … …… ……… …………入社式? 転職先に就業中の服装について確認したところ、…

次に向かう

「ようやく次に向かっていける」― いま、そう思っています。 昨夜は私の送別会でした。最終出社日前の送別会は形だけのもので、昨夜集まってくれた広告チームと雑誌チームのメンバーによるものが私にとって本当の送別会です。 2年前のクビ宣告以来、辛い日々…

所有と消費、そして煩悩

所有するものではなく消費するものとして捉えられるようになった ― ニュースサイトを見ていたところ、書籍に対する捉え方の変化に関する記事を目にしました。 以前から言われていることですし、書籍だけでなく音楽にも当てはまることです。ただ、新しい書棚…

畑仕事とキャリアビジョン

私の親父は昨年、脳梗塞で入院しましたが、発見が早かったので後遺症などほとんど残らず、趣味の畑仕事ができるまでに回復しています。愛犬の納骨で先日、実家に帰ったとき自慢の畑に連れていかれました。 トマト&ミニトマト。 ナス。 1人では食べきれない…

教養の深さ

母校の会報が届きました。 校友会に入会している卒業生に送られてくるもので、最新トピックスやお知らせ、コラムなどが掲載されており、届くたびに学生時代を思い出しながら眺めています。 パラパラとページをめくっていたところ、見覚えがある名前が目に入…

転職への気構え

「俺も転職しようと思ってるんだけど、何からやればいい?」― 私の転職を知った新聞社の元同期が何人か連絡してきましたが、私は転職を勧めません。 かつての職場が経営的に厳しいことはよく知っていますし、記者としてやりがいを見出せなくなりつつあること…

ドロドロ

「ずずずは何でそんなドライに仕事できるんだい?僕が知ってる日本人はみんなもっとドロドロしていたよ」 仲良しのイギリス人の同僚に以前、言われたことがあります。外人の口から「ドロドロしてる」という日本人的な表現が出てきて苦笑いしたことをよく覚え…

外人からの食事への誘い

「来週、日本に行くことになったのだが、食事でもどうだろうか」― 最終面接を担当した転職先の外人からメールが届きました。 最終面接、正確にはこの後に部下となる予定のスタッフとの面接もありましたが、実質的な最終面接は日本人の役員と日本語で1時間、…

ハローワーク

昨日はハローワークに行ってきました。 雇用保険被保険者証を再発行してもらうためです。現職場で保管されていると思っていたのですが、入社手続き後に返却したと言われ、探してみても見つかりませんでした。 ハローワークに行くのは人生で2度目です。1度目…

英文の履歴書と職務経歴書

仕事してぇ…。 在職中は卓上カレンダーを眺めながら週末を指折り数えて待ったものですが、ニート生活3日目で早くも飽きてきました。この状態が今月いっぱい続くと思うとうんざりです。 ただ、やらなければならないことがまったくないわけではありません。例…

【写真多め】卒業証明書

20代で初めての転職であればいざ知らず、30代の転職ともなれば重要なのはこれまでの実績です。学歴など何の意味もなく、高卒でも優秀な人はたくさんいますし、大卒でも使えない人はたくさんいます。 そのため、転職先に指示された入社前提出書類の中に最終学…

5円玉

「とても理性的な文章を書かれる方ですね」― 転職先で部下となるスタッフに言われました。 転職先の人事から先日「部下となるスタッフの1人が“ずずずさんが書いたものを読んでみたい”と言っているのですが…」と連絡があり、私が直近で書いたものをいくつか送…

あと3日

「ずずずさんと一緒に仕事できて楽しかったですよ。転職先でもまたご一緒できると嬉しいです」― こう言ってもらえると私がここにいた意味をほんの少しだけ実感することができます。 午後から外出し、これまで何度も仕事をお願いしてきたフリーの編集者と会っ…