電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

仕事

退職届

退職届を書きました。太めの万年筆で書こうと思ったのですが、どうやらオフィスに置いてきてしまったようで見つからないので、ボールペンで記入しました。 明日の退職交渉で提出し、退職が決まります。転職先とは8月1日入社でサインしていて、有給休暇が30日…

残業代

「残業代はすべてお支払いします」 … …… ……… …………マテ! 長いとは言えないまでも決して短いとも言えないこれまでのサラリーマン生活において、私はこれまで本当の意味での残業代を支給されたことがありません。 私は社会人になってから裁量労働制で働いてき…

条件面談

「○○もずずず様がオファーを承諾してくださるか、とても気にしていましたので、私としましても良い報告ができます」 転職先の人事担当と今日、条件面談を行いました。条件面談とはオファーレターに書いたことや、書ききれなかったことを口頭で伝えるもので、…

5段階の選考

退職者が出てポジションに空きができたとき、外資系では内部で昇進させるよりもポジションに見合った人材を外部から採用するほうが一般的です。 日系は年功序列で、給料も役職も社歴に比例して上がっていきます。しかし、終身雇用という概念に基づくこのよう…

退職交渉開始

「辞めさせてください」― 部下にいきなりこう切り出されて驚かない上司はいないと思います。当たり前ですが、辞める素振りを見せながら仕事をする人は滅多にいないはずですから。 1 on 1というものがあります。上司と部下が1対1で定期的に行うミーティングの…

内定

ここ最近、残りの人生がまるでプロ野球の消化試合のような、やる気のないことを書いていましたが、これはあくまでも世を忍ぶ仮の姿です。ようやく本当のことが書けます。 転職します。ちなみに次も外資系です。きょう、内定の連絡と諸条件をまとめたオファー…

働き方

新卒で入社して営業や総務、人事などを数年単位で経験し、会社全体のことを理解しながら歳を重ねるごとに役職と給料が上がっていき、定年まで勤め上げるのが日系企業です。 もちろん、最近はこのような概念が崩れています。転職が当たり前のものとなり、入社…

アジのような男

武士は食わねど高楊枝 ― 私の頭の中にはいま、この言葉があります。 書きたいことがあるのですが、きょうはまだ書けません。たぶん、あすは書けるのではないかと思っています。 野球中継を見ながらアジを食べています。安いのに美味い、アジのような男になり…

もがいてもがいて

きょうの午前中に“仕事で”母校に行ってきました。大学とも取引がありますし、営業など他のスタッフは何度も行っているようですが、私は初めてでした。 私が通っていた文学部キャンパス、略して文キャンはメインキャンパスから少し離れています。仕事の打ち合…

お金

お金で愛は買えませんが、お金のない愛は育ちません。 愛そのものは買えないとしても、新進気鋭のIT企業の社長ぐらいの金があれば、愛に変えることはできるかもしれません。しかし、私はそこまでのお金持ちではありませんし、生半可なお金では何ともならない…

金曜日

新聞記者時代は曜日の感覚がありませんでした。ニュースに土日祝日は関係ありません。政治部や社会部ではなく経済部だったのでまだマシでしたが、それでも文字通り24時間365日駆け回っていました。 いまの会社に転職し、カレンダーで色が変わっている日はと…

贅沢

きょうは会社を休みました。 久しぶりに偏頭痛がきたということもありますが、昨日からのモチベーションの低下を引きずっているせいもあります。いつからこんなことで休むような人間になってしまったのか。 新聞記者時代は当日に休むことなどありませんでし…

誰でもできる仕事

きょうは弊社が主催する大規模なイベントがありました。セールスはもちろん製品開発に携わる頭脳部隊の主要メンバーも朝から駆り出され、オフィスは1日中、静かでした。 すっかり干されて必要とされていない私はもちろんオフィスに居残りです。いつもと同じ…

古巣からの復帰要請

「またうちに戻ってくるつもりはないか?」― 古巣の新聞社から連絡がありました。復帰要請はこれまで何度もありましたが、元同期や社歴が近い先輩、後輩からばかりでした。 しかし、今回は少し違います。次期社長に内定したと目されている重役からです。数年…

マティーニ

「まさかこのまま真っ直ぐ帰るつもりじゃないよな?」― 昨夜は定時で上がり、神奈川県民の心のオアシスである有隣堂(書店)に寄って売れ筋をチェックしているときに声をかけられました。 もう書籍編集者ではありませんが、書店で売れ筋をチェックするのは身…

いばらのみち

私は自分に自信がありません。 だから自分を犠牲にしてでも他人を喜ばせたいと思っていますし、他人が喜ぶ瞬間を見られればその後の自分はどうでもよいと思ってしまいます。他人が喜ぶことを自分への評価と考えてしまうわけです。 思えば新聞社を辞めるとき…

人の振り見て

書籍や雑誌、カタログなど印刷物の制作は何段階にも工程が分かれていますし、それだけ関わる人が多くなりますが、編集者はその中でも上流の工程にいます。 何もないところから企画を考え出すという時点で最上流にいますし、その後も編集者の作業や指示を受け…

マスコミ or マスゴミ

「お前さ、きっと最近のテレビ局の報道に呆れてるよな?」― 民放某キー局の経済部記者に転職した新聞記者時代の先輩から久々に電話がかかってきました。 用件は私が以前、良い関係を築いていたある人を紹介してほしいというもので、この先輩なら紹介しても問…

記者と編集者

エディターのずずずです。 日刊紙の記者を約10年、経験したので、私の根っこにあるものはライターであろうと思いますが、いまはエディターです。記者ではなく、編集者です。 何度か書いていますが、記者と編集者には大きな違いがあります。それは、自分で文…

嘘をつく

嘘をつくということは最低のことであり、嘘などつきたくないと誰もが思うはずです。私もふだん、嘘をつかないように生きていますし、周囲が嘘をついているなど思わないようにしています。 そもそも、嘘をつくことはとても大変です。ある1つのことに対して嘘…

続・発言への責任

書き直した原稿に対して再度の書き直しを命じられました。前回のやり取りはこちら。 wakabkx.hatenadiary.jp前回の原稿でもかなり柔らかくして書きましたが、今回はさらに柔らかくして書きました。しかし、それでもまだ表現がきついと思ったようです。 「日…

発言への責任

確かに自分自身で言ったことであっても、それが文字として書き起こされて読み直すと怖くなってしまい「私はこんなこと言っていない」と言い出す人がいます。 新聞記者時代を含めてこれまで100人以上にロングインタビューをしてきましたが、自分の発言に責任…

腐らず

「重要なポイントを見逃さない良い質問ですね」と言われればインタビュアー冥利に尽きますし、「こういうことを言いたかったんです。文章として上手くまとめていただき、ありがとうございます」と言われればライター冥利に尽きます。 …マテ、オレはエディタ…

賢い日本語

PCで文章を入力する際、Windowsに搭載されているIMEをそのまま使用している人が少なくないと思います。デフォルトで搭載されているものを使用して当たり前ですし、そもそもIME以外にあることすら知らない人もいるかもしれません。 私はジャストシステムのATO…

トキメキ

「大阪って美人が多いですよね」と大阪在住のカメラマンさんに言ったら「いや、東京や横浜のほうが多いでしょ」と返されました。要は隣の芝生は青く見えるということです。 しかし、大阪には東京や横浜にない関西弁があります。これもカメラマンさんに言わせ…

アフターファイブ

昼間はしっかり働き、夜はしっかり遊び、休日はしっかり休む ― 理想的な生活ですが、現実的にとても難しいということはサラリーマンであればよく分かると思います。 私がもう1つ掛け持ちしているバンドはこの考えの下、平日にリハをやっています。メンバーの…

新幹線の切符

きょうは赤坂→六本木ヒルズにハシゴしました。あさっては大阪です。帰りに新幹線の切符を購入しました。今週はいろいろとテンパっています。

2種類の専門家

月曜日からすでに疲れています。 先週から毎日、取材で外出していて、あちこちを歩き回る身体の疲れはもちろんですが、入れ替わり立ち替わり違う人に会うことによる精神的な疲れがあります。 毎日違う人に会うといっても接客業のように短い時間で用件のみを…

フリー

私は仕事柄、フリーのライターやエディター、デザイナー、カメラマンと付き合いがありますが、会う人みんな、とても楽しそうにしています。 確かに好きなことを仕事にしているので楽しいのだろうと思いますが、一方で何の保証もない不安定な立場であるがゆえ…

身の程

たくさんの女性にモテたいわけではありませんし、女優やアイドルと付き合いたいなどと考えたこともありません。いつも鏡を見ながら身の程をわきまえています。 全世界の女性に嫌われたとしても、そのうちのたった1人、好きになった女の子にだけ好かれたいと…