読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ずずず、サラリーマン続けるってよ

「大変ありがたいお話であるにもかかわらず申し訳ありませんが、辞退させていただきます」 メジャーデビューを控えたバンドからのオファーは断りました。悩みに悩んだ結果、やはりどうしてもプロとして音楽を仕事にする決意はできませんでした。 オーディシ…

ライブ!ライブ!

友人のライブを観つつ、決断を。

管理職

管理職の仕事は責任を取ることです。 ふだんはデスクで新聞を読んでいるだけでも、スマホをいじっているだけでも構いませんし、定時ぴったりに帰っても何の問題もありません。 部下がミスをしたときに何も言わず、クライアントや関係者に対して「大変申し訳…

キラキラ

今朝の都内はとても良い天気で暖かく、今度こそようやく春がくると感じられました(いまはすっかり曇ってしまい、肌寒くなってしまいましたが)。 ふみちゃんも昨日までの厚手のロングコートではなく、マフラーをしているものの少し丈が短いコートを着て、パ…

ワールドツアー

「まだずいぶん先の話ですが、来年にワールドツアーの話が出てきています」― 例のメジャーデビューを控えたバンドのメンバーからメールが届いていました。 “ワールドツアー”と聞くとColdplayのようなモンスターバンドが毎回、スタジアムでライブをやるような…

本当の時給とピンハネ

「(時給を上げてもらえないなら)辞めようと思っていますが、よろしいでしょうか」 今日は朝からバタバタで、つい先ほどようやくコーヒーを飲んでひと休みする時間ができました。ただし、お昼ごはんを食べに行く時間はありません。 コーヒースペースでぐっ…

男は顔

「やっぱり男は顔だよな…」 疲れて家に帰り、手を洗おうと洗面所に行き、鏡に映った自分の顔を見てつくづくそう思います。イケメンでなくてもよいので、せめてもう少し普通の顔だったら。 こんなブサイクが毎朝の電車で一緒になる女性に一目惚れしてもがいて…

社長直属

「君たちのレポートラインはこれから私になります」 新規事業立ち上げチームのミーティングに顔を出したところ日本支社長が同席していました。チームは私を含めて元書籍編集部のメンバー3人で、いわゆる“社長直属”になります。 元書籍編集部のメンバーが集め…

メジャーデビューするということ

「今日は個人的にとても応援している新人バンドの曲をご紹介します」 通勤時にいつも聴いているFMで例のメジャーデビューを控えたバンドの曲がかかりました。驚きましたが、私が知らなかっただけで以前から何度もかけていたようです。 これまでにきっと私も…

思い悩む

「そうですね。それでですね…」 インタビューは言葉のキャッチボールです。まずこちらが質問を投げ、それに対する答えに対してさらにこちらが質問を投げかける…この繰り返しです。 “インタビュー”というと難しく感じますが、つまるところ日常会話の延長です…

新規事業の立ち上げ

「新規事業の立ち上げチームに入ってほしい」― 朝イチでダイレクターに呼ばれたので身構えたのですが、思ってもみない話でした。 今年から異動してまだ3か月です。ようやく新しい業務を覚えてきたところで、また異動ですか。サラリーマンの宿命とはいえ都合…

昼顔

『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』というドラマがありました。上戸彩さんが主演で純愛ものと言われていますが、要は不倫ものです。 結婚もしていない、彼女もいない私にとって、正直言ってまったく理解できないドラマですが、何となく気になってしまうこと…

過去を振り返る

「ご無沙汰しております。お元気でしょうか?」 洗濯と掃除を終え、ひと休みしていたところで見知らぬ電話番号から着信がありました。フリーダイヤルなどであれば出ませんが、携帯電話からだったので出てみました。 電話の主は金沢八景まちづくり協議会の主…

正式オファー

「今日、最後の候補者と音合わせしましたが、メンバーの総意としてやはりずずずさんに加入していただきたく思っております」 昨日は夕方から飲み始めて午後8時ごろに電気などつけっぱなしのままソファでうたた寝してしまい、午前3時などという変な時間に目が…

オンとオフ

私はオンとオフの切り替えが本当に下手です。 編集という24時間365日いつでもどこでもできてしまう仕事のせいもありますが、それにしても仕事のことが頭から離れることはありません。 書店に行けば売れているタイトルを確認してしまう、街を歩けば看板などの…

リハは終わるも

先は長い (-_-;

夢で逢えたら

金曜日の夜に限ってふみちゃんの夢を見ます。 この前と同じように、私がオフィスから出たところでふみちゃんに遭遇し、やはりふみちゃんは私の中をすっとすり抜けていきました。 ふみちゃんにとって私は道端の石ころと同じで、視界の隅にすら入らないわけで…

スカウト

「ずずずさんにスカウトが届きました!」 昨年の夏、書籍出版事業の廃止と解雇宣告を受け、エージェントへの連絡から無料の転職サイトへの登録まで、ありとあらゆる手を打ちました。 結果的にはウェブ媒体への異動で現職に残っているわけですが、またいつ何…

裏口

お昼ごはんを食べに外に出たら、ふみちゃんらしき女性を見かけました。すごく離れていたのと、少し度を下げたPC用メガネだったので、確実に本人かどうかは分かりませんが。 ふみちゃんとよく似た背格好や髪型の女性を見かけるたび、無意識に隠れようとするか…

心の断裁

「遅くとも7月には著者や取次、書店への書籍出版事業の廃止に関する説明を始めます」 なし崩し的に書籍出版事業が続くのではないかと思っていたのですが、どうやら甘かったようです。対外的なアナウンスの開始が決まりました。 取次や書店からの返品は年内の…

「権利だ!」と言われましても

「4月から時給を上げてもらえませんか」 だから権利を主張する前にまず義務を…。 残った1人の派遣スタッフに時給の値上げを要求されました。正確には派遣スタッフから要望を聞いた派遣会社の担当者(若い女性)が乗り込んできました。 取材や原稿執筆など広…

不純な動機

約1週間ぶりにふみちゃんを見ました。 一緒の電車に乗っていたころはショートボブだった髪が少し伸びてショートボブとミディアムボブの中間ぐらいになっています。 先日、オフィスの1階に入るスーパーでばったり遭遇してしまった同僚と一緒で、何か楽しい話…

渦巻く

「やりたきゃやりゃあいいんじゃねーの」 私はこれまでたくさんのプロのミュージシャンを見てきました。彼らもそのことを知っているので“ミュージシャンがいかに厳しいか私は分かっている”ことを分かっています。 だから私に対して「プロになるだなんてやめ…

褒め言葉

ふみちゃんの夢を見ました。 てっきりメジャーデビューしてアイドルと付き合っていることを週刊文春にスクープされる夢を見ると思っていたのに、相変わらず私の頭の中はふみちゃんでいっぱいです。 通勤電車でふみちゃんが私の前に立っていて、しかし私のこ…

続々・メジャーデビューへの誘い ~ 合格してしまいました

「うちらとしてはぜひ加入していただきたいです。これから一緒にやっていきませんか?」 マテ! こういうことは大抵「メンバーで相談して後日あらためてご連絡します」ではないのか。その場で即答は想定してないよ。もっと熟考しなくていいのか。 「こういう…

虎の威を借る狐になることなかれ

以前にも書きましたが、打ち合わせで弊社にご足労いただくことに慣れません。自分から足を運ぶのが当たり前だったため、申し訳なくて仕方ありません。 私は原則として発注元になります。委託先は下請けとして仕事をもらうことになり、私はお客さんになるわけ…

金の斧

「今日はホワイトデーだからね」 ボスが出社早々、女性スタッフにクッキーを配り始めました。どうせならおやつの時間を見計らって配ればよかろうと思うのですが、忙しい人ですから朝しかないのでしょう。 私は毎年、ホワイトデー予算を承認しているのですが…

最善策

「明日はオレも顔を出すからよろしく頼むな」― オーディションを設定したリペアショップのオーナーからメールが届いていました。 もうメンバーの方と直接やり取りしているのでいなくても構わないのに、そんなに心配なのでしょうか。ステージママでもあるまい…

強制有休取得

「私の評価に影響を与えるため、今月中に最低1日は有休を取るように」― 私を含む編集部のメンバー5人がマネージャーに呼ばれて釘を刺されました。 編集部は総じて有休消化率が悪いのですが、この5人が特に悪いということで、新しい支社長から直々にマネージ…

健康診断

会社は従業員に対して年1回、健康診断を受けさせなければなりません。労働安全衛生法に規定されており、従業員が拒否した場合、懲戒処分とすることも許可されています。 前職では健康診断の日時と場所の指定、予約、支払いまですべて総務がやってくれていま…

光と陰

ふみちゃんはどんな週末を過ごしたのか、彼氏とデートか、友達と楽しくおしゃべりしたのか、いずれにせよ自分とは違うキラキラした週末だったのだろう。 日曜日の夜になるといつもこのようなことばかり考えてしまいます。そして、明日は遠くから眺めるだけの…

取らぬ狸の皮算用

酔っ払ってブログを更新するのはやめろとあれほど思っていたのに、学習能力が足りていません。昨夜はまた変なことを書き殴っていました。 昨日は朝から夜まで一滴も酒を飲んでいませんでした。ベースの練習なり、英語の勉強なり、何かに集中していると酒を飲…

月見酒

ふと気づいたら午後10時を過ぎていました。 来週の火曜日のオーディションの曲を練習し、一瞬だけ買い物に出かけ、それからずっと英語の勉強をしていました。 誰とも喋ってないや…。 買い物に出かけたとき、日課となっている近所の神社でしっかりとお参りし…

金曜日の夜の呪縛

ふみちゃんの夢を見ました。 私が例のバンドでメジャーデビューしていて、そのライブを観に来ているのです。演奏している曲はもちろん『届かぬ想い』です。 先週の夢と違うのは、ふみちゃんが女性の友人と一緒にいるところです。できれば彼氏と一緒にいると…

曜日の感覚

新聞記者時代は曜日の感覚などありませんでした。 「どうやら明日は休めそうだ」と分かるのが前日の夕方であり、深夜に翌日の朝刊を校了したところで私にとっての週末となっていました。 カレンダーをよく見てみるとそれは火曜日であったり水曜日であったり…

深い闇

本当のところを白状すると、八つ当たりでもあったのです。 今朝もふみちゃんを遠くから眺めていて、目がなくなる笑顔を同僚に向けていて、しかし私にその笑顔が向けられることは絶対にありません。 早く消し去りたい、しかしなかなか消せない届かぬ想いに虚…

キレるブサイク

「私のほうはともかく雑誌チームは校了日で、あなたがいる前提で他のスタッフに業務を割り振っていました。もう少しきちんと体調を管理できませんか」 派遣さんにキレてしまいました…。 もちろん怒鳴ったり手を出したりするわけはなく、あくまでも静かに淡々…

“伝える”と“伝わる”

来週のオーディションの課題曲がとても難しいのです。 3曲のうち1曲はノリノリのファンクチューン、もう1曲は王道のソウルナンバーです。この2曲は何とかなりそうだという手応えを感じています。 問題は残る1曲です。2人の女性ボーカルの声が映えるしっとり…

義務と権利

使用者は労働者による有給休暇の取得を拒否できません。 労働者が具体的に休暇を取得する時季を指定した場合に、そのとおりに休暇を取得すると事業の正常な運営が妨げられる場合には、使用者は時季を変更する権利を有しています。 ただし“事業の正常な運営を…

被害妄想、自意識過剰

今朝、ふみちゃんがいました。 昨日、一昨日といなかったのです。一昨々日に横浜駅のホームで遭遇してしまったせいで、私のオフィス前を通らないようになってしまったのかと思っていたのです。 ふみちゃんはそこまで私のことなど考えていないと思います。被…

ふみちゃんの同僚

ふみちゃんの同僚にばったり遭遇してしまいました。 私のオフィスが入るビルの1階にはコンビニ以上スーパー未満の規模のミニスーパーが入っています。生鮮食料品などひと通りのものは揃っているので近隣住民御用達です。 19時ごろになるとサンドイッチやおに…

さすがイケメン君

「ホワイトデーでお金がないんですよ」― 久しぶりにイケメン君とタバコ場で一緒になりました。カスタマーサポートも欠員が出て忙しいようです。 私には嬉しい悲鳴にしか聞こえないのですが、当事者にとってはさぞかし大変なことなのでしょう。しかも、イケメ…

導き出される結論

「男は顔じゃない」「ブサイクな自分にも彼女ができた」― 雑誌やネット、ブログなどでよく見かけますし、確かにイケメンでなくても彼女がいる男はいます。 そして、これ見よがしにどのようにして彼女ができたかを説明していて、基本的に根性論ですが、中には…

続・メジャーデビューへの誘い

「デモ音源聞いて気に入ったから早速、音合わせのリハに参加してほしいって言ってるんだけど、来週の火曜日の夜とか空いてない?」 マテ! 展開早すぎ。しかもリハに参加とは、リペアショップのオーナーは何と伝えたのか。まさか「本人もノリノリでぜひ参加…

メジャーデビューへの誘い

「うちのお客さんで今度メジャーデビューするバンドがいるんだけど、ベースが抜けることになってさ。誰か良い人いたら紹介してほしいって頼まれていて、ずずずさんよかったらオーディション受けてみない?」 ベースのメンテナンスをいつもお願いしているリペ…

卑屈

卑屈な考えからは何も生み出せません。「どうせ自分なんか」と思ったところで何の解決にもならないことはよく分かっていますし、誰しも前向きに生きたいものです。 しかし、どうしても卑屈な考えに陥ってしまうのもまた人間です。「どうせブサイクだし」― 昨…

ブサイクは公害

ふみちゃんとコートの裾が接するぐらいの至近距離ですれ違ってしまいました。 ふみちゃんにやらかして以降、朝の電車はもちろん帰りの電車でも一緒になることがあったので、ふみちゃんに会わないように細心の注意を払っています。 会社の最寄り駅から都営大…

生涯現役

「書籍の制作経験が豊富で、人柄も穏やかな方ですし、即日勤務開始が可能です」― 2月いっぱいで突然辞めた派遣スタッフの代わりを派遣会社が紹介してきました。 職務経歴書を拝見したところ「あれを企画・制作したのですか!」と思わず驚いてしまったタイト…

見るんじゃなかった

午前9時15分 ― ふみちゃんが私のオフィスの前を通るころになるとつい席を立ってコーヒースペースに向かってしまいます。つらくなるだけだと分かっているのに。 しかし、今朝はふみちゃんの同僚の方が2人だけで、ふみちゃんがいませんでした。残念だと思いつ…

目がなくなる笑顔

ふみちゃんを遠くから眺める日々がまた始まります。ごく普通の会社員であれば仕事が憂うつでしょうけど、私は違うことで憂うつになります。 ふみちゃんはどんな週末を過ごしたのか、彼氏とデートだったのか、友人とカフェでおしゃべりだったのか、少なくとも…