電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

電恋

死神

もし今日が自分の最後の日だったら。 常に死を意識している人など滅多にいませんが、誰にも死は訪れます。しかも、それがいつになるかは分かりません。今日かもしれませんし、明日かもしれません。1年後、2年後、数十年後かもしれません。 アップルのスティ…

感情が高ぶる

ふみちゃんがいました。 しかも今朝は同僚がおらず、ふみちゃんが1人だけでした。品川駅でふみちゃんと一緒になって私のオフィス前まで2人で並んで出社できたら、と考えたことは数えきれません。 しかし、そのようなことはこれまでありませんでしたし、今後…

サボり

「何かだるいし、雨降ってるし、会社行くの面倒くせーな…よし、休んだろ」 字面だけ見ると最低なサラリーマンです。「は?仕事舐めてんじゃない?」と思う人が多いと思いますし、私もそう思います。しかし、寝起きでこう思ってしまったのですから、仕方あり…

赤い彗星

目の前を猛スピードで通過していく京急を見ていると、ふっと引き込まれそうになるときがあります…と書くとまた心配されてしまいますが、そのようなつもりはまったくありません。 私が愛する京浜急行は“赤い彗星”と呼ばれています。赤はもちろん車両の色です…

忠犬ハチ公

やはり虫の知らせだったのかもしれません。本当に理由など何もなく、ただ何となく「ふみちゃんにもう2度と会えないかもしれない」と思っただけです。 そもそもそういう運命だったのか、それともそんなことを思ってしまったから現実になってしまったのか、い…

虫の知らせ

ふみちゃんにもう2度と会えないかもしれない。 理由は特にありません。今朝、ふみちゃんがいなかったのですが、そのときに何となくそう思いました。そして、このテの私の勘はよく当たります。 明日になったらしれっと「ふみちゃんがいました」と書いているか…

好きになった女の子

日曜日の21時過ぎ、iPodに適当に突っ込んだジャズやボサノバを流しながら楽器のメンテナンスをしていました。1人暮らしに2LDKは広いとつくづく感じます。 1人暮らしであれば1DKか1LDKで十分なのでしょうけど、1部屋はどうしても書庫兼仕事部屋としてつぶれて…

無関心

ふみちゃんの夢を見ました。 オフィスから出たところでふみちゃんに遭遇してしまい、ふみちゃんも私に気付いて足を止めたものの、汚物を見るような表情を向け、すぐに歩き去ってしまいました。 私がその辺に転がる石ころのようになり、ふみちゃんが無関心で…

軸はぶれない

ちょうど1週間前に校了した広告媒体の見本がきょう納品されました。努力が手に取れる形になることは編集者の醍醐味です。「がんばって良かった」としみじみ思います。 それと同時に、やはり私はエディターではなくライターなのだと実感します。寄稿を除き、6…

矛盾

オフィスを出ようとしたとき、ふみちゃんが通り過ぎていきました。 そのときに初めて正面エントランスから出ようとしていたことに気付きました。慌てて回れ右してエスカレーターに乗り込み、デスクに戻りました。 まだ残っていたスタッフが“あれ?”という顔…

飼い殺し

「それについては2人で打ち合わせして大体の方向性を決めてあるので」 毎週木曜日の午前中は全体ミーティングがあります。こちらは営業が主導しているので、さすがに私を外すようなことはありません。 ただ、ある件について営業から「ずずずさんはどう思いま…

Moonlight

スピード上げて あなたのもとへ時間は追いかけてくる 戻らない 新聞記者時代からデスクの上に卓上カレンダーを常に置いています。1日ごとのマスが大きく、あれこれと書き込めるタイプのものです。 個人のスケジュールはすべてウェブ上で管理されていますが、…

臥薪嘗胆

「あっ、ふみちゃん」 昨日、今日と2日続けて我らが京急が遅れました。昨日はアルミ風船の架線への接触、今日は雨による混雑にドア点検が重なりました。 以前の電車であれば、ふみちゃんも私も遅れるときは一緒です。しかし、いまのように電車の時間が違うと…

ダイレクターからの呼び出し

あす12日(月)午前10時、支社長同席の上でのダイレクターからの呼び出しが設定されています。 格好つけて意地を張って、半沢直樹の真似をしてみたまではよかったものの、現実世界ではドラマのように上手くいくわけがなく、報いを受けなければなりません。 …

パソコン

週に1回は難しいものの、せめて月に1回はパソコンを立ち上げない、モニターに向かわない日を作ろうと思うのですが、なかなか上手くいきません。 今日も起きてから、まず洗濯機を回し、その間にコーヒーを淹れてパンをかじり、掃除機をかけて、洗濯物を干して…

寝言

「お願い、行かないで!」 自分の寝言というか叫び声で目が覚めるという恥ずかしい寝起きでした。1人暮らしでよかったとしみじみ思います。 夢の内容は覚えていませんが、たぶんふみちゃんの夢だったのではないかと思います。ふみちゃんに向かってそんなこと…

寝不足

ふみちゃんの夢を見ました。 いつもの京急に乗っていて、私の左側にふみちゃんが立ってずっとスマホを見ている…特に何もなく、ただそれだけの夢でした。 それ“だけ”ですが、いまとなってはそれすら不可能になってしまいました。ただ一緒の電車に乗るだけ、と…

香水

自宅に帰り、玄関のドアを開けた瞬間、強烈な香水の匂いに見舞われました。 …という書き出しで始めると「まさか通い妻が!」と思われる人もいるかもしれませんが、私に限ってそのようなことはありません。 今朝、出がけにひっくり返した自分の香水の匂いです…

最終目標

電恋の最終目標とは何なのでしょうか。 もちろん彼氏と彼女の関係になることですが、話しかけたり連絡先を渡したりすることすらできない人がほとんどの中、勇気を振り絞ってコンタクトを取り、たった1度だけでもそれに応えてもらえたら十分ではないかと思い…

ラブレター

「彼氏からお手紙もらっちゃった」 休憩スペースでコーヒーを飲みながらゲラをチェックしていたところ、お昼ごはんを食べている女性陣の会話が聞こえてきました。 「いつも一緒にいてくれてありがとう」といった毎日の些細な感謝が綴られていたそうで、とて…

ふみちゃん

私はふみちゃんが大好きです。 ここを読んでいただいている方にとっては「何をいまさら…」とお感じになると思いますが、ふとあらためて思ったのです。 ただ毎朝の電車で一緒になっていただけ、話したこともない、性格も分からない、それでもとても好きになっ…

暴風雨

嵐がきません。 嵐がくるのは嫌ですが、嵐がくるのは確実、嵐がこないとそれはそれでヤバい状態なのですが、嵐がくる気配すらありません。 お昼ごはんを食べに行くこともできず、身動きが取れません。さて、どうしたものか…こういうときはふみちゃんのことを…

普通

私はごく普通の家庭を作ってみたいと思っていました。 自宅に帰ったらまずウイスキーの水割りを1杯あおります。それからパソコンの電源を入れ、立ち上がっている間に着替え、メールをチェックします。 いつでもどこでも仕事ができるよう、ITサポートに頼んで…

表舞台

ふみちゃんはいつもキラキラしています。 それに比べて私はくすんでいます。ふみちゃんを見るたびにその眩しさから身の程を痛感します。あんな女の子と仲良くなりたいと思ってしまった自分に腹が立ちます。 ふみちゃんは今朝も同僚2人と一緒で、楽しそうに笑…

続・優しさ

人は間違える生き物です。 些細なことから重要な決断まで、よく考えて決めたつもりでも、なぜこんな選択をしてしまったのかと後悔することばかりです。 ただ、そのときに間違いであったことが、時間が経つと正解に変わることも多々あります。これまでの人生…

優しさ

「私みたいなバツイチの田舎者なんて嫌ですよね」― 今朝起きたら、先週末にお見合い(のようなもの)をした女性からLINEでメッセージが届いていました。 … …… ……… ち、違う!そうじゃない! “優しさ”とはとても難しい概念です。 自分は優しくしたつもりでも…

逆のことを喜ぶ

19時ごろにオフィスを出るとふみちゃんに遭遇してしまう ― 忘れかけていたことを思い出し、今日は21時過ぎまでオフィスにいました。 広告営業チームの案件で今日中に片付けておかないといけないものがあったからで、本来であればうんざりしますが、今日はむ…

消える前に消す

「ずずずさんもぜひパーティーに来てください!」 広告営業チームの女の子が来月、結婚するそうで、披露パーティーに誘われました。確か28~9歳、30歳にはなっていなかったと思います。 チームもフロアも違うので滅多に顔を合わせませんし、一緒に仕事するこ…

もしも願いが叶うなら

ふみちゃんが幸せになってくれること――これが私の願いです。 そこに私がいなくて構いませんし、むしろ私のようなブサイクはいないほうがよいのです。ふみちゃんの幸せに私は不要です。 一緒にいて幸せと思えるような男と結婚して、常に目がなくなる笑顔の状…

身悶え

だから雨はダメなんだって…。 昨夜シャワーを浴びてヘアアイロンで髪を伸ばし、さらに今朝もギューッと伸ばしましたが、オフィスに着くころにはクルクル&ボサボサです。 私が乗る時間の京急はただでさえ混んでいるのに、雨が降るとさらに混みます。満員の車…

私はここにいる

帰りの電車でふみちゃんを見ました。 オフィスの最寄り駅から1駅だけ移動し、そこで京急に直通している都営線に乗り換えるのですが、乗り換え時に便利な場所があります。 ふみちゃんも私もオフィスの最寄り駅ではそこから乗るため、以前は帰りもよく一緒にな…

心が乱れる

「こんなときに2人で一緒に出社できたら…」 今朝はいつもの同僚がおらず、ふみちゃんが1人だけでした。以前の電車でふみちゃんと一緒になっていた品川駅から2人で出社できたらどれほど幸せなことか。 「今日は朝からミーティングの連続で」「今日は早く帰れ…

再認識

「あんなに楽しそうにどんな話をしているのかな…」 私が3階のオフィスから見つめていることなど知らず、ふみちゃんは同僚と2人で楽しそうに話しながら信号を待っていました。 今日は茶色の洋服を着ていたのですが、胸元が少しひらひらするのを気にしているよ…

続・お見合い

「悪いけど、昨日の人と結婚するつもりないから」――帰りの車で両親に宣言しました。 両親は私の性格をよく分かっています。お見合いで結婚などしないと思っていたでしょうし、不意打ちが気に入らなかったと思っていたようです。 「そうよね。妹には適当に言…

お見合い

「ずずずくんが来るって聞いたから慌てて準備したのよ」 叔母さんにお見合いをさせられました。お見合いと言うほどかっちりしたものではありませんでしたが、とにかく初対面の女性に引き合わされたわけです。 今回の富山行きの目的は、昨年末に脳梗塞を患っ…

仕事にも精が出る金曜の午後

仕事にも精が出る金曜の午後 ― 就職したら金曜日の夜を満喫できると思っていたのですが、現実はまったく違いました。 新聞記者時代は曜日の感覚などありませんでした。明日は休めそうだと分かるのは朝刊を校了した後で、いつも日付が変わっていました。 帰っ…

セーターの達人

渡部建・佐々木希しかり、陣内智則・女子アナしかり、イケメンが羨ましいです。今日も髪の毛くるくるのずずずです、ブサイクで申し訳ない。 弊社のITサポートに80年代トレンディドラマ風ファッションを貫くおじさんがいます。長袖シャツの袖をまくり、薄いピ…

楽をしたい

人間は楽をしたい生き物なのです。 「これをこうして最終的にこうしてほしい」ということを一から説明するより、素材を投げただけで思ったとおりにできあがってくるほうを選びます。 広告営業チームの案件について、私が昨年、1年をかけてフォーマットやルー…

くせ毛

私の髪はくせ毛です。 それほど長いわけではありませんが、今日のように雨降りで湿度が高いとクルクルになります。ヘアアイロンで念入りに伸ばしても跳ねます。 梅雨時期は毎年、憂うつです。ただでさえブサイクな外見に拍車がかかります。いっそのこと丸坊…

星のかけらを探しに行こう

バンドの要であるベーシストには幅広い音楽性が求められます。 私も幅広い音楽性を身につけるべく、ロックやヘヴィメタル、ポップス、ジャズ、フュージョン、ファンク、ソウル、クラシック、演歌など、ありとあらゆる音楽を聴いています。 学生時代は「ジャ…

背負い投げ

ふみちゃんの夢を見ました。 背負い込んだ原稿2本のうち1本が想定していた以上に難航し、ベッドに横になったのは今朝の午前4時でした。2時間だけでも眠らないよりはマシです。 ただ、熟睡してしまうと起きられる自信がないため、完全に落ちないようにうつら…

白いネイル

「ずずず、おはよう!朝から何でそんなに思い詰めた顔してるんだ?」 だから力の加減というものを覚えてくれないだろうか、ボブ。君にとっては軽く肩に手を置いただけなのだろうけど、こちらにとっては重い物が降ってきたぐらいなのだから。 コーヒースペー…

現実逃避

現実逃避したい思いに駆られています。 今日に限ったことではなく、常に現実から目を背けたいと思っていますが、実際にそんなことはできません。現実と折り合いをつけながら毎日を乗り越えるのみです。 今朝、JRのターミナル駅で人身事故があり、都心部のダ…

ふみちゃんの夢

ふみちゃんの夢を見ました。 ふみちゃんが直接、出てきたわけではありませんが、ふみちゃんが結婚したことを知って愕然とした夢です。 なぜか知らない人にふみちゃんのウェディングドレス姿の写真を見せられ、新しい名字まで教えられました。 それが本当にあ…

ふみちゃん

休憩しながら1年前に書いたものを読み直してみました。 全然変わってねえ…。 変わったことは、ふみちゃんと一緒の電車に乗れなくなったことです。身の程をわきまえることは常に念頭に置いていますが、あのときなぜ忘れてしまったのか。 職場の同僚だったり、…

条件反射

駅でふみちゃんに似た女性を見かけると、反射的に隠れる場所を探したり、柱の陰に隠れるようになったりしてしまいました。 いまも帰りの横浜駅で遠目にふみちゃんに似た女性が私のほうに歩いてくるのに気づき、慌てて回れ右して柱の陰に隠れてしまいました。…

光源氏計画

「結婚しました!」 学生時代のサークルの先輩からFacebookで流れてきました。先輩はバツイチなので正確に言うと再婚です。 驚くのは年齢差で、奥さんは先輩より16歳下になります。先輩は塾の先生をしていて、奥さんはかつての教え子です。初めて会ったとき…

修学旅行の中学生

「すみません、写真お願いしてもいいですか」― 裏でタバコを吸っていたら、修学旅行で兵庫県から来たという中学生のグループに声をかけられました。 数枚撮ってカメラを返そうとすると「せっかくだから撮りなよ」「えー、いいよー」という小声のやり取りが聞…

ベース男子

今週の土曜日(20日)に都内の池袋で行われる池袋ジャズフェスティバルに出演します。池袋西口駅前のルミネ8階イケレスガーデンで18時からベースを弾いています。 昨日はライブ前のリハでした。持ち時間はセッティングと片付けを込みで40分間、9曲を予定して…

大混乱

「ただいま入場を制限しております!」 わが心のオアシスである京浜急行が架線切れで止まってしまい、都内は大混乱に陥っています。私もあちこち乗り継いで2時間以上かけて帰ってきました。 オフィスの最寄り駅から1駅だけ地下鉄に乗り、京急に直通している…