電車の中の恋人

悠々自適なアラフォー独身貴族の日常

想いは募るばかり

ふみちゃんのことを忘れるどころか日を追うごとに想いが募るばかりです。もう2度と会えませんし、2度と会ってもいけません。無理やりにでも忘れなければならないのです。

しかし、忘れようとすればするほど逆にふみちゃんのことばかり考えてしまいます。今月に入ってから英語の勉強の時間を増やしたのですが、身になっていないことが自分で分かります。

ふみちゃんが乗っているであろう時間の京急を家から眺め、私のオフィス前を通っていたいつもの時間に信号待ちのふみちゃんを想像し、昼休みに外を出るふみちゃんを思い浮かべ、たまに帰りも一緒になったときの時間には料理の手を止め。

「Time is Money」― 元上司の口癖で、私も時間を無駄にするのは大嫌いです。同時並行でいくつもの業務をこなすためにはどうすればよいか、そのための最短距離はどこか、常に考えながら仕事していました。

ふみちゃんのことを考えるなど時間の無駄の極みです。自分でも信じられません。しかし、それでも考えることを止められませんし、気付いたらふみちゃんのことで頭がいっぱいになります。

こんなときは近所の稲荷社にお参りに行き、気持ちを入れ替えます。ふみちゃんが幸せになれるようお狐さまにお願いすることで、私にできることは他にないことを実感します。

www.youtube.com今夜はこんな曲を聴いています。この時代のポップスは本当に質が高いです。1度でよいから松原みきさんのバックバンドでベースを弾いてみたかったとしみじみ思います。

明日はライブです。新たなギターが加わり、新メンバーでの初めて新曲を披露します。最終チェックしないと。