読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

事業計画書(その1)

「ずずずくぅ~ん、今日お仕事早く終われない?相談したいことがあるから、出勤前に一緒に晩ごはんど~お?」― 昼過ぎに北川景子(ニューハーフ)からLINEが届きました。この北川景子との経緯については ↓ からどうぞ。

wakabkx.hatenadiary.jp「今日、休暇取って家にいるけど」と返信したら「キャーッ!超ラッキー!じゃあ、いまから行くね!」という絵文字&スタンプだらけの返信が。これが本当に彼女だったら、と思ったことは数えきれません。

ぴったり1時間後、買い物袋を下げて現れました。「お昼ごはん作るね」と言い、てきぱきと料理を作り始めました。料理については私もかなり自信がありますが、この北川景子もとても上手です。作りながら同時に洗い物もこなし、私から見てもすごく手際が良いのです。

それにしても、ファンデーションを薄く塗っているだけのほぼスッピンにもかかわらず、見とれてしまうほどの美人です。これだけ湿度が高いにもかかわらず髪はサラサラ、髪を束ねようとヘアゴムをくわえている姿に惚れない男はいないと思います。

…ただし、股間にぶら下がるモノがなければ。

裸エプロンしてあげよっか?ずずずくんも好きでしょ?」― ムリムリムリムリムリ!後ろから見えるから!「冗談に決まってるでしょ。ずずずくんはホントにかわいいんだから」。彼女(彼)に、私はいつも手玉に取られています。

短時間でキーマカレーとオニオングラタンスープ、サラダを作り上げ、しかも抜群に美味いという、誰もがお嫁さんにしたがるような存在ですが、彼女は「彼」です。ちなみに、彼女作のキーマカレーは ↓ な感じ。

f:id:wakabkx:20160923194116j:plain

「事業計画書を作るのを手伝ってほしいの」― 食べながら、彼女が話し始めました。彼女はいま、ネイルサロンを開くためにお金を貯めているのですが、お店の常連の銀行員にその話をしたところ、銀行から融資を受けることを勧められたそうです。

似たような話をどこかで聞いたような…『半沢直樹』だ!堺雅人演じる半沢が、壇蜜演じる悪徳社長の愛人に同じことを勧めていました。その銀行員もきっと、その場面を思い浮かべていたに違いない。

それはさておき、彼女の貯金はいま800万円で、開業資金として1,000万円を考えているので、200万円の融資を受けようと考えているそうです。そのために事業計画書を作る必要があるとのことです。

長くなりそうなので分けます。