電車の中の恋人

悠々自適なアラフォー独身貴族の日常

完全禁煙16日目~1本だけおばけ現る

1本だけおばけに悩まされています。

「もう2週間も禁煙できたんだから1本ぐらい吸っても戻らないんじゃね?」と囁きかけてくる、おばけというより悪魔です。禁煙成功談を読んでいると2週間ぐらいで現れることが多いようです。

当たり前ですが、1本どころか一口でも吸ったら喫煙者に逆戻りです。いま1本だけでガマンできるほど意志が強ければとっくの昔に禁煙に成功しているはずです。

禁煙アプリに書き込んだ禁煙理由、3日目までの地獄の苦しみ、吸わなかった代わりに貯金箱に入れた500円玉がぶつかり合う音など、現有戦力を総動員して1本だけおばけと戦います。

敵はかなり強力ですし、禁煙補助薬は副作用が強くて敵か味方か分からなくなるときもありますが、負けられない戦いがここにあります(川平慈英を想像するつもりがそれを真似する博多華丸を思い出す)。

タバコを吸うと脳にニコチンの受け皿(受容体)ができ、こいつが「ニコチンを補給せよ!」という指令を出します。そして、受容体は一生消えないそうです。

ただ、禁煙すると受容体は不活性化し、ニコチン補給指令を出せなくなるそうです。禁煙開始から不活性化するまでの期間は人それぞれですが、2~3週間で山を越えるようです。

私は完全禁煙開始から3週間目に入りました。つまり、いま現れている1本だけおばけはニコチン受容体の断末魔の悲鳴で、ここを乗り越えれば禁煙成功にぐっと近づくということか。

ここ数日、禁煙に成功した方や禁煙を始めたばかりの方とツイッターでつながるようになりました。苦しいのは自分だけでないと知ることができると励みになります。しかし、辛いものは辛い。

きっつー。

◆最近、タバコが吸いたくなるとつぶやいています → ずずず (@wakabkx) | Twitter