電車の中の恋人

悠々自適なアラフォー独身貴族の日常

転職エージェント

40代での転職に強いエージェントというものがあるのでしょうか。

今回の転職活動で、私はリクルートキャリア1本に絞りました。前職がリクルートキャリアで決まったこともありますが、業界最大手が持つ案件数はやはり桁違いです。

エージェントには合う合わないがあります。私はたまたまリクルートキャリアが合っただけで、dodaやマイナビ、最近勢いがあるビズリーチなどもあります。

外資系を志望するのであれば、ロバート・ウォルターズも評価が高いようです。前職で仲が良かったシンガポール人はここを利用したそうです。

初めての転職活動であればセオリー通り、複数のエージェントに登録したほうがよいと思いますし、私も1回目のときは片っ端から登録しました。

ただ、そのときに求人紹介数やレスポンスの速さなどに差があることを実感しました。今回の転職は条件が明確だったので1社だけ、1人のアドバイザーに絞りました。

採用する側になって分かりましたが、エージェントを利用するメリットは大きなものです。こちらの希望に合った人材だけを紹介してくれるというのは素晴らしいサービスです。

応募する側が真剣なら、採用する側も真剣です。履歴書や職務経歴書の精査は膨大な時間と労力を要します。その間は当然、本来の業務ができなくなります。

初期段階でそれを代行してくれるのは本当にありがたいことです。エージェントの紹介で採用した場合、採用した人材の年収の30%がエージェントの手数料といわれていますが、それでも十分安いと思います。

履歴書と職務経歴書を読み込んで、質問したいことを考えて、面接するかどうかを決めて…という作業は本当にしんどいものです。その手間を省けるのであればエージェントの手数料など安いものです。

これから今以上に転職が一般的になり、エージェントも群雄割拠になると思います。自分に合うエージェントを見つけられるかどうかが、転職成功の鍵を握ることになるのだろうと思うわけです。