電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ライターの売り込み

「やはり僕の能力を理解できるところではなかったようですね。まあ他者から何本も依頼を受けているんで後から後悔すると思いますよ」(原文ママ)

メールの捨て台詞でも「×他者→○他社」と誤字があったり「×後から後悔→○後悔」と重ね言葉を用いたり、いろいろと考えさせてくれるライター(自称)です。

編集部に先週、ライターが売り込みにきたそうです。文章の質が低く、自分が書けば売り上げが増えるとのことで、質が低い例として挙げてきたものの中には私が書いたものもありました。

うちで書くにはある程度の専門知識が必要ですし、そもそもライターを募集していません。それでも何度も連絡してくるので根負けし、テストで1本書いてもらったそうです。

私にも見てほしいというので上がってきたものを読ませてもらったのですが「本当にライター?」と思うほどひどいものでした。これまでの実績があったそうですが、疑ってしまうレベルです。

2000字程度の短い文章であるにもかかわらず論理が一貫せず、話題があちこちに飛び、さらにその並びもめちゃくちゃで、最終的に何を伝えたいのかがまったく分かりませんでした。

何より誤りが多いのです。短い文章の中で「×以外→○意外」「×人権費→○人件費」「×要員→○要因」と3箇所の誤字に加え「考えれない」というら抜き言葉がありました。

友達とのLINEではありませんし、もしライターを名乗るのであればFacebookやツイッターなどSNSの文章でさえ誤りに気を配ることが必要です。もちろんブログも、です。

論理的な文章の書き方は勉強すればある程度、身につくものですが、誤りを見落とす注意力のなさやテストの文章を見直さずに提出する雑さは性格の問題ですから直すのは難しいでしょう。

こちらは経験を積み、技術を磨いてきたプロの編集者です。相手がライターを名乗り、一緒に仕事をするのであれば容赦はしません。妥協せず、徹底的にやります。

しかし、ライターが書いたとされるウェブにあふれる文章のほとんどは手直しで何とかなるレベルですらありません。私は関わることはないでしょうし、関わるつもりもありません。

ただ、こちらが根負けするまで売り込んでくるしぶとさは見習うべきものがありますし、原稿料を請求してくる図太さに感心しました。フリーで何かをやるには必須の素養です。