電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

気疲れ

疲れていたのです。

金曜日ですし、一昨日は親父が病院に担ぎ込まれて急きょ実家に行ったり、睡眠不足はいつものことですが、ふだん以上に気疲れしていたようです。

何も考えずに正面エントランスから出ようとしてしまい、ふみちゃんらしき女性と遭遇してしまうところでした。ギリギリで気付いて慌ててデスクに戻りました。

ただ、今朝はふみちゃんがいなかったので、帰りに私の前を歩いていった女性がふみちゃんだったかどうか、はっきり分かりません。

もうすっかり暗くなっていましたし、少し度を下げたパソコン用メガネをかけたままでしたし、何となく背格好が似ていただけです。

それでも、万が一にもふみちゃんに姿を見せるわけにはいきません。「あれ?」という顔をしている同僚を「メールを送り忘れちゃって」と作り笑顔でごまかしました。

仕事をしているフリをしながら30分ほど時間をつぶし、裏口から出ました。楽しそうなカップルとすれ違い、とても空しくなりました。

裏口から出る前にトイレに寄り、手を洗いながら何となく鏡を見て「ホント、ブサイクだなあ」としみじみ思いました。ブサイクで申し訳ない。

f:id:wakabkx:20170818221902j:plain

昨日は偉そうなことを書いておきながら、どうしても真っ暗な部屋に真っ直ぐ帰ることができず、ふらっともつ焼き屋に寄りました。1,500円ぐらいでさくっと切り上げます。

日曜日はすみだストリートジャズフェスティバルに出演します。JR錦糸町駅周辺の路上でベースを弾いてきます。また男性ファンが増えるかな。