電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

続・芸人体質

「“毛皮”“宝石”“絵画”のキーワードに要注意」「過剰なボディタッチに勘違いしない」「クーリングオフの期間を確認すべし」

週末にGoogle先生に「デート商法」と聞き、完全武装で京急横浜駅で特急を待っていました。ブサイクだからというだけでカモにされるわけにはいきません。

wakabkx.hatenadiary.jp今朝は出社の準備をしている間に汗をかいてしまったので香水をつけませんでした。これでもまた声をかけてきたら要注意です。

しかし、いませんでした。

「ブサイクの純粋な心を踏みにじろうとする輩は許さん!」と鼻息荒く待ちかまえていましたが、肩すかしを食ってしまうと同時に、少し残念でもありました。

これがすでに術中にはまっているのではなかろうか。わざと姿を見せず、飢餓感が高まったところで何気なく姿を現すつもりではないのか。

油断はできません。少なくとも今週いっぱいは注意します。もしデート商法ではなく、純粋に香りが気になったからそのときだけ知らない男に声をかけたというのも、それはそれで怖いかもしれません。

ただ、私もこれぐらい気軽にふみちゃんに声をかけることができていたら、いまと状況が変わっていたのかもしれません。ブサイクには無理な仕事ですが。