電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

センチメンタル

「○○新聞が社会人採用で記者を募集しているんだけど、どう思います?」― 同僚に唐突に聞かれました。

彼は大変なもののやりがいのある仕事を任されています。私から見ればキーパーソンの1人ですが、転職を考えていると聞いて驚きました。

転職はいまや当たり前のものとなりました。新卒で入った会社に一生、在籍しつづける人などいないと言っても過言ではありません。

ただ、転職は本当に大変です。少なくとも私から見て、彼は誰からも頼りにされ、重要な仕事を担当しています。転職などすべきでないと思います。

あくまでも私から見える部分だけの印象であって、彼が日々、何を考えているのか分かりません。誰にも言えない不満があるのでしょう。

「昔は自分の仕事じゃなくてもみんなで一緒にがんばっていたのに変わっちゃいましたね」― 私の会社のOBで、いまはフリーの編集者として活動している人が言っていました。

彼ですら転職を考えているということは、他にも転職を考えているスタッフがいるはずです。もしかしたら全員、そうかもしれません。何だか寂しい職場になってしまいました。

今日は満月です。しかも皆既月食が起きているようです。そのせいか、妙にセンチメンタルな気持ちになっています。