電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

曲がCMで使われるらしい

著作権や印税など諸々の契約が済み、ブログに書くなど大っぴらに話す許可を弁護士にいただいたので、ようやく書くことができます。関係者は私のブログを知らないはずなので、もっと前に書いていてもバレないのですが。

私が数年前に作曲し、いま組んでいるバンドで復活させた『Moonlight』がCMで使われることになりました。CMといっても地元企業のFMでのCMですが。

9月のライブの対バンを観にきていた方がその企業の役員で、ついでにうちのバンドを観たところ『Moonlight』のサビが耳に残って離れなくなってしまったそうです。

しかも、ちょうどFMでのCMに使う曲を探していたところだったという、縁とタイミングが合致してしまったわけです。それからあの手この手でリーダーの連絡先を突き止め、こちらが「えぇぇ!」となる事態になりました。

私はアマチュアです。プロを目指したこともありましたが、音楽やバンドはあくまでも趣味と割り切り、これでお金をもらうつもりはないのです。

しかし、だからこそプライドを持っているわけで、思い入れがあり、楽しんで演奏している曲を簡単に売り渡すつもりはありません。

「金や契約に縛られて自由に演奏できないなら売り渡すつもりなどない」― 本業は別にあり、生活にはまったく困っていないからこそなせる技です。

最初の打診を受けたときは即、お断りしました。「その辺のアマチュアバンドの曲を使ってやるんだぞ?」という上から目線が垣間見えたからです。

後になって、それは企業の考えでなく、弁護士の考えだったと知るわけですが、胸糞が悪かったのです。なお、この弁護士は、私の人脈フル活用でコテンパンにしました。

それから三顧の礼で交渉が進み、ライブで自由に演奏してよいなど、全面的にこちらのほうが有利な契約を結べました。一般市民は知財のことなど何も知らないと思うなよ?

その代わりと言ってはなんですが、お金に関してはまったくこだわっていません。「相応の対価を払う」と言われましたが、丁重にお断りしました。曲を気に入ってもらえればそれでよいのです。

これからアレンジを考え直し、改めてレコーディングして、来年の春ごろからFMで流れるようなスケジュールを考えています。レコーディング時のスタジオ代だけはいただくことにしました。

…と、ここまで書いてきて「どんな曲?」と思われる方が多いと思いますので、一晩だけアップします。先々週のライブ音源です。ハウリングが生々しかったりします。

※公開終了

くどいようですが、私はサラリーマンです。

スピード上げて、ふみちゃんのもとへ…。