電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

星のかけらを探しに行こう

バンドの要であるベーシストには幅広い音楽性が求められます。

私も幅広い音楽性を身につけるべく、ロックやヘヴィメタル、ポップス、ジャズ、フュージョン、ファンク、ソウル、クラシック、演歌など、ありとあらゆる音楽を聴いています。

学生時代は「ジャズを聴いて演奏までしているオレってばカッコイイ」というジャズスノッブに危うく陥りかけましたが、何とか持ちこたえました。

いまはどのようなジャンルの音楽を聴いても良いと感じていますし、何かしら学ぶべきところが必ずあります。「こんなフレーズがあるのか!」と新しい発見もあります。

今夜はこんな曲を聴いています。

www.youtube.comスキマスイッチのボーカルの声、大好きなのです。私は歌が下手なので楽器を弾いているのですが、こんな風に歌えたら気持ち良かろうといつも思っています。

バービーボーイズの杏子さんと山崎まさよしさん、スガシカオさんの3人による“福耳”としてリリースされた曲ですが、スキマスイッチ単独版がたまりません。

この曲を聴くと“恋”という一文字が頭に思い浮かびます。ふみちゃんと一緒に聴きたいと思うのですが、それは無理な話です。仕方ありません、ブサイクですから。

楽器のみのインストにアレンジして、いまのバンドで演奏できないか、以前から考えているのですが、完成された曲なので良いアレンジが思いつきません。

良い曲は聴くだけにとどめるほうが無難なようです。