電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

Japaneseman in New York

「今日の英語の勉強はおしまい!」

昨年の7月、よりにもよって1年に1度しかない誕生日に解雇通告を受けて以来、英語力にさらに磨きをかけるべく、勉強を続けています。

外資系でのし上がりたいのであれば、何はなくとも英語力です。いくら仕事ができたところで、英語を話せなければまったく意味がありません。

学生時代に英検の準1級に合格して以来、新聞社では英語を使う機会がなかったので英語力が急激に落ちましたが、転職してから少しずつ回復してきました。

昨年のTOEICスコアは910点でした。決して悪くない数字ですが、英語を母国語とする外人どもにケンカを売るには満点を目指さなければなりません。

英語は努力すれば話せるようになります。勉強すればするだけ結果が目に見えます。努力してもダメなものはダメという恋愛とは違います。

今夜はこのような曲を聴いています。名曲です。私もバンドで何度かカバーしました。

www.youtube.com実は去年からニューヨーク支社への異動願いを出しています。極東のちっぽけな島国からの異動は前例がありませんが、異動願いを出すのはタダです。

I don't take coffee, I take misoshiru, my dear. ―“コーヒーは飲まない、味噌汁が良いんだ”。

Japaneseman in New York が実現するのはいつになることやら。