読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

転がされる

「ずずずさん、ちょっと聞いてよ!あの子って本当にムカつくの!」

女性同士の好き嫌いによるトラブルは外資系でも珍しいものではありません。日本法人ですから日本人のほうが多く、オフィス内は日系とほとんど同じですし。

もちろん男性同士でも好き嫌いによるトラブルはあります。ただ、あくまでも私の主観ですが、女性同士のほうが陰湿かつ激しく、長引く傾向にあるように感じています。

若くてそれなりにかわいい女性が1年前、営業に入りました。学生時代にキャバクラでのバイト経験があるそうで、男性スタッフはみんな見事に転がされています。

私は仕事で一緒になることがありませんし、フロアも違うので関わることがありませんが、男性スタッフにお願いしているところを見たとき「転がすのが上手いわ…」と感心しました。

その女性がちやほやされ、マネージャーにも甘やかされているのを見せつけられて、ほかの女性スタッフが心穏やかでなくなるのも仕方ありません。

特に私と仲良しの営業の美人はまったくソリが合わないらしく、数々のバトルを繰り返しています。そして、私はしょっちゅう、話を聞かされるわけです。

一方の話しか聞いていないので鵜呑みにするわけにはいきませんが、その女性はどうも美人をロックオンしたというか、わざと対抗しているように感じます。

美人は私と同い年で、その女性よりかなり年上です。営業成績も良く、社歴も長く、何より人目を引く美人であるため、女性スタッフの取りまとめ的な存在です。要は強いのです。

そして、その女性は自らをか弱く見せることに長けており、いつの間にか美人がその女性をいじめているという構図ができあがっていました。

美人は午前中、人事に呼ばれて注意を受けたそうです。人事もすっかりその構図を信じきっており「年配のお局による若手いじめ」と見ているそうです。

怒り爆発寸前の美人がその足で私のデスクに来て「ずずずさん、お昼ごはん食べに行こう!」となかば無理やり連れ出され、先ほどまで散々、話を聞かされました。

巻き込まれるのは嫌で、話を聞くことすら避けたいのですが、有無を言わさぬ性格ですので、私は常に押されっぱなしです。営業はこれぐらいでないと務まりませんが。

1時間以上、話し続けていても話し足りないらしく「今夜、飲みに付き合って」と言われましたが、酒が入ったらさらにヒートアップすることが目に見えているので丁重にお断りしました。

「お酒が入ったらずずずさんも気が緩んで間違いが起きるかもしれないと思ったのに。私は全然良いのよ、むしろ大歓迎だし」

だからそういうことは冗談でも言わないでください…。周りの男性スタッフが転がされているのを他人事のように見ていましたが、私は私で転がされているのかもしれません。