読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

続々・メジャーデビューへの誘い ~ 合格してしまいました

「うちらとしてはぜひ加入していただきたいです。これから一緒にやっていきませんか?」

マテ!

こういうことは大抵「メンバーで相談して後日あらためてご連絡します」ではないのか。その場で即答は想定してないよ。もっと熟考しなくていいのか。

「こういうのは直感が大切ですから」ってもっともなことを言わずにもう少し考えようよ。こちらにも心の準備というものがあるんだからさ。

本日のオーディション、満場一致で合格してしまいました。今日の回答などまったく考えていなかったので、実はいま、かなり慌てています。

スタジオに入った瞬間、ある種、異様な雰囲気を感じました。後で聞いたら、私の前に2人をオーディションして、2人とも期待外れだったのでドン引きしていたそうです。

しかも、てっきりメンバー8人とリペアショップのオーナーを合わせた9人だけだと思っていたのですが、レーベルの関係者3人とスタジオのエンジニア2人の14人が待ち構えていました。

音楽の世界で生きるプロが14人も集まり、しかも全員がドン引きしており、文字通り一挙手一投足に注目される中で弾いたことは記憶にありません。

マチュアですが、これまでそれなりの数をこなしてきたので肝は据わっているつもりでした。しかし、今日はさすがにチューニングする指が震えました。

ただ、曲が始まってしまえば無心です。ドラムがとても心地良く、気づけばみんな笑顔で身体を揺らしていましたし、私も全身でリズムを取りながら弾いていました。

正直言ってとても楽しい時間でした。メンバーの人柄も良く、途中のおしゃべりも盛り上がりました。このメンバーでバンドを続けていくことに魅力を感じたことも事実です。

しかし、プロとして続けていけるかどうかと聞かれると即答できません。どうしても一瞬、答えに詰まってしまいます。そして、それがすべてではないかと思います。

生活云々ではありません。プロとして高いモチベーションを保ち続けられるかどうかを考えたとき、どうしても自信を持って「YES!」と言えない自分がいます。

極端な話、私はこの世に音楽がなくても生きていけます。“NO MUSIC, NO LIFE.”ではありません。ここにプロとアマの差があるのではないでしょうか。

「候補者がもう1人だけ残っていて、週末に音合わせをすることになっているので、正式なオファーはその後になりますが、われわれはぜひずずずさんにお願いしたいと思っています」

ひとまず週末まで考える時間ができました。合格しても断るつもりだったものの、不合格はそれはそれで切ないと優柔不断だったところに賽を投げられてしまいました。

明日(日付変わって今日)は有休をいただいています。寝て起きるとまた考え方が変わるかもしれません。

今夜は髪型をキノコヘアにしてメジャーデビューした私がアイドルと付き合っている夢を見られる気がします。