読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

虎の威を借る狐になることなかれ

仕事

以前にも書きましたが、打ち合わせで弊社にご足労いただくことに慣れません。自分から足を運ぶのが当たり前だったため、申し訳なくて仕方ありません。

私は原則として発注元になります。委託先は下請けとして仕事をもらうことになり、私はお客さんになるわけですから、出向くのは当たり前なのかもしれません。

ただし、こちらは困っているから委託するわけで「お願いしてやってもらう」のです。打ち合わせはこちらから出向くのが筋です。

「代わりはいるし、ぜひ受けたいという他社に受注してもらってもこちらは一向に構いませんが」という横柄な発注元がいます。

しかし、いざ代わりを探してみると意外と見つからないものです。下請けだからと下に見ることなく、かといって過剰に持ち上げることなく、対等に接するべきです。

そもそも、下請けに払うお金は会社のお金、偉いのは会社であって自分ではないのです。会社という虎の威を借る狐ほど格好悪いものはありません。

今日の来客も当初、私が伺いますと伝えたのですが、「いえいえいえ、こちらから伺います」と押し切られてしまいました。私はそんなに偉くないのに。

「御社の環境を1度、拝見したかったので」と言われれば少し気が楽になりますが、気を遣ってくれているのであれば心苦しいのです。

かといってこちらから足を運んだら今度はあちらが恐縮してしまうのでしょうか。次は私が足を運び、その次はあちらにご足労いただき…と交互にすればよいのか、うん。

本音を言うと、ずっとオフィスでデスクワークがつまらないので気分転換に外に出たいわけです。仕事サボってドトールで一服したいものです。