電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

幼稚

「この件が落ち着くまで彼らと話さないように」― いい年したダイレクターの発言です。小学生ではあるまいし、まさかダイレクターがこんなことを言うとは思いませんでした。

“彼ら”というのは広告営業チームです。自分が知らないところで話が進むことが嫌という気持ちはよく分かりますが、われわれスタッフに何か決める権限はありません。

それにキツい案件を何度も一緒に担当した社内の同僚ですから、仕事とまったく関係ないおしゃべりもしますし、それが息抜きになってもいるのです。

何だかすごくバカバカしくなってきました。組織である限り多かれ少なかれ人間関係の軋轢は避けられませんが、あまりにも幼稚すぎます。

先月から決めていたので偶然なのですが、ダイレクターに注意された昨日の夜に広告営業チームと築地のお寿司屋さんに行ってきました。美味しいものを食べると心が和みます。

f:id:wakabkx:20170217110148j:plain

そして派遣社員さんは今日も来てくれません。せっかく美味しいお寿司を食べて和んだのに、またイライラが。