読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

神はドS

仕事 日常

観光スポットに来てはしゃぐ気持ちは分かります。

しかし、いくら嬉しいからって、見るからに彼女がいなさそうなブサイクな私に対し、ほっぺにチューしているところの写真を撮ってくれと頼むカップルの不幸を祈るぐらい許されてもいいと思うの。呪ってよかとでしょうか。

何度か書いているとおり、オフィスのすぐ近くに東京を代表する観光スポットの1つがあります。裏が通り道になっているので、タバコを吸っているとよく写真撮影を頼まれます。

先ほどもタバコを吸っていると若いカップルに写真撮影を頼まれました。何度も頼まれているので慣れたもので「3、2、1…で撮ります」と伝え、スマホを構えたら「1」のところで彼女が彼氏のほっぺに突然のチュー。

不意打ちだった彼氏が驚いたせいで写真がブレ、撮り直しになったのですが、

彼女:せっかくなんだからぁ~
彼氏:恥ずかしいからいい
彼女:照れなくてい~じゃん
彼氏:じゃ、じゃあ…

と見せつけてくれました。完全に私を忘れて2人だけの世界に入り込んでいます。こちらの世界に戻ってくるのがあと3秒遅かったら、渡されたスマホを地面に叩きつけてデスクに戻っていたと思います。

そして、ようやく撮ろうとしたときに彼女から衝撃のひと言が。

「チューする瞬間は難しいから、撮る前からチューしますね」

悪魔に魂を売ろうと決意する人の気持ちがよく分かりました…。

1枚目は構図がイマイチと物言いがついて撮り直しになり、2枚目は照れた彼氏が目線を外して撮り直しになり、結果的に見ず知らずのカップルのチューを10秒以上見せつけられました。

私、何か悪いことしたっけ。厄年でもないし。ブサイクのくせにふみちゃんみたいなかわいい女の子と付き合う夢を見た罰はいい加減、許されていいと思うの。

書籍の増刷部数を決めるために17時から上層部の前でプレゼンしないといけないのにテンションどん引きです。「神は乗り越えられる試練しか与えない」というのは、私には当てはまらないようです。

神はドSだ。