電車の中の恋人

悠々自適なアラフォー独身貴族の日常

気疲れと接吻

仕事納め → 正月休み → 仕事始め、という世間的には当たり前の流れに対し、ようやく違和感がなくなりつつあります。

新聞記者時代は大晦日も元旦もふだんと同じように働いていました。カレンダー通りに休めるようになったのは出版社に転職してからです。

出版社でも年末年始に重なってしまったタイトルがあれば自宅で仕事していたので、完全に何もしない年末年始はここ2~3年のことです。

きょうは仕事始めといっても挨拶に来た印刷会社や制作会社の応対でほぼ終わってしまいました。立場的には私が発注者です。

しかし、こちらの仕事を「請けてもらう」わけで、実際の力関係はあちらのほうが強いと思っています。値上げされたら困りますし。

営業さんはこちらの機嫌を取ろうとしていますが、実はこちらも委託先の機嫌を取ろうとしています。入れ替わり立ち替わり来られると気疲れします。

f:id:wakabkx:20190107230944j:plain

オフィスから最寄り駅まで歩いている途中、ふと横を見て一瞬、本物の女性が下半身丸出しなのかと思ってしまいました。末期です。

www.youtube.com帰ってきてYouTubeを開いたら、あなたにおすすめの動画としてこんなものがトップに表示されていました。ついにユーザーの気持ちを読むようになったようです。

◆チューしたくなるとつぶやいています → ずずず (@wakabkx) | Twitter