電車の中の恋人

悠々自適なアラフォー独身貴族の日常

プロバイダーのメールとWebメール

私がプライベートのやり取りで使用しているメールアドレスはプロバイダーのものです。GmailやYahoo!メールといったフリーのWebメールではありません。

もちろん、Webメールも使用していますが、例えばクレジットカードや銀行のオンラインサービスに申し込むときはプロバイダーのメールアドレスです。

私がネットを使い始めたころ、誰でも簡単に無料でいくつも作ることができるせいか、Webメールに対する信頼性はかなり低いものでした。

スパムのほとんどはWebメールで「Webメール=スパム」と思っていたほどです。ちなみに、まだGmailは開始されていない時代です。

そう、Gmailの開始は衝撃的でした。それまでのWebメールはサーバーに蓄積できる容量が数MBだったところ、Gmailはどーんと1GBでしたから。

操作性も抜群で、POP3に対応してローカルに保存できることもあり、Gmailの開始によってWebメールの信頼性が格段に上がったと思います。

しかし、私はそれでもプロバイダーのメールアドレスにこだわってしまいます。どうしてもWebメールを100%信用しきれません。

いまはビジネスの場でも使われていますし、ふだんやり取りしているフリーのライターやエディター、デザイナーでGmailをメインにしている人は何人もいます。

またWebメールは1度作ってしまえばずっと使い続けられますが、プロバイダーのものはプロバイダーを変更してしまったら使えなくなります。

OutlookなどPC上のメールソフトの設定をいちいち変える必要もありません。昨日も、まずオンラインでメールアドレスパスワードを変更し、その上でOutlookの設定を変更するという、二度手間でした。

プロバイダーのものよりWebメールのほうが多機能で便利、いまや信頼性にも大きな問題はありません。切り替えたほうがよいと頭では分かります。

「やっぱり履歴書は手書きじゃないと」― 今朝の通勤電車でこんなことを話しているオッサン2人組がいました。いまだに手書きの履歴書にこだわるのかとびっくりしました。

その話を聞きながら昨日のメールアドレスパスワードの変更を思い出し、プロバイダーのメールアドレスにこだわり続ける私も似たようなものかもしれないと思ったわけです。

老害にはならん!