電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

絵を購入する

私は絵の良し悪しなど分かりません。

色遣いがどうの、構図がどうの、学生時代にお偉い評論家先生の講義中に大あくびをして「君の姿勢は美を冒涜している」と怒られたことがあります。

それに対して「美って言葉でくどくど説明するもんじゃなくて直感的に“キレイ!”って思うもんじゃないんですか」と返したらその日の講義は途中で中止になりました。

決して屁理屈をこねたわけでなく、尊敬する生け花の師匠が仰っていたことなのですが、何も分かっていない若造が知った風なことを言ったと思ったのでしょう。

ただ、実際にドラクロワの絵を観たときは言葉を失いましたし、シャガールの絵を前にしたときは文字通り息を止めて魅入ってしまいました。これがキレイなものを観たときの正常な反応なのではないかと思います。

f:id:wakabkx:20181001210343j:plain

絵を購入しました。有名な画家さんのものではありませんが、一目惚れしました…と言いながら一目惚れから購入まで約2年も経ってしまっているのですが。

画家さんは以前、はてなブログを書かれていて、たまたまそこで見つけました。『ART-METER』というサイトで販売していることを知り、毎日のように眺めていました。

絵を描いた!それが欲しいを繋げます。 | ART-Meter:絵画の測り売りサイト

ずっと欲しかったのですが、初めて観たときの気持ちに合いすぎてしまい、購入するのに躊躇していました。逆に購入できたということは踏ん切りがついたということでもあります。

いまは何の他意もなく、純粋に絵を観ていられます。これに合う額を画家さんに紹介してもらい、ネットで購入したので、届くのを楽しみに待っています。