電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ベーシストはオタク

ベースのブリッジを交換しました。

「何のこっちゃ?」という人がほとんどだと思います。オタク気質全開の話題で恐縮ですが、私にはとても嬉しいことで、部屋で1人、ベースを眺めながらニヤニヤしています。

f:id:wakabkx:20180901200922j:plain

ブリッジとはベースのパーツの1つです。音程や音色を左右する重要なパーツで、右が元々のもの、左が新しく載せたものです。どっしり感の違いが一目瞭然だと思います。

たくさんのメーカーからさまざまな製品が販売されていて、どっしりしたものが良いと一概には言えませんが、私の楽器にはこのタイプが合っているようです。何だかものすごくエロい音になりました。

重いブリッジには▽ピッチが安定する▽サスティンの伸びが良くなる▽低音の輪郭がハッキリする ― といったメリットがあると言われていますが、結局は「オレのベースは他のと違うぜ」というベーシストの自己満足です。

ベーシストにはオタクが多いと思います。ブリッジにこだわるなどひよっこで、電気回路のコンデンサーやハンダの種類にこだわる人もいます。そんなこと聴き手に分かるわけないのに。

しかし、それでもこだわるのがオタクであり、ベーシストです。そして、ハンダの種類にこだわる人の気持ちが分かる私もオタクです。こんなオタクに彼女ができる図が想像できません。

ちなみに、こんなオタクどもの要望を叶えてくれるリペアショップのオーナー兼リペアマンはまだ若いのにとても腕が良く、さらにイケメンです。

そうか、例の「オタクでも可(※ただしイケメンに限る)」っていうやつか…ダメじゃん、オレ(涙)