電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

アフターファイブ

昼間はしっかり働き、夜はしっかり遊び、休日はしっかり休む ― 理想的な生活ですが、現実的にとても難しいということはサラリーマンであればよく分かると思います。

私がもう1つ掛け持ちしているバンドはこの考えの下、平日にリハをやっています。メンバーの1人がシフト制&夜勤ありの仕事で、さらにシングルファーザーという特殊事情のため、彼の仕事の休みに合わせてということもあります。

来週末にライブをやるため、先ほどまで最後のリハに入っていたのですが、仕事終わりにリハに入ると確かに1日を無駄にせず、有意義に過ごした感があります。

ただ「バンド=趣味=休日は趣味に当てる時間」と考えれば、休日にリハに入ることも決して間違っておらず、それはそれで休日を有意義に過ごしているわけです。

1日をフルに使い切れば当然、翌日が辛くなります。そもそも、定時の午後5時ピッタリで仕事を切り上げてリハに入るなど外資系ならではです。“アフターファイブ”という死語がまだ生きています。

明日(日付変わって今日)は昼に大阪で、ふだんより2時間、長く眠れます。押し合いへし合いの満員電車ではなく、新幹線の指定席でずっと座れるので、いつもよりずいぶんマシです。

f:id:wakabkx:20180419014610j:plain

先日、リハのときの顔隠し写真を載せたところ、ずずずマニアの方々から「前の写真じゃねーか!」というツッコミをいただきまして、最新版を撮ってみました。

1年前と特に変わらず、良いのか悪いのか。あまり出し過ぎると希少価値が下がるのでほどほどに。なお、もちろん劇団ひとりではありません。