電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

悶々

この前までいた会社ではメールが毎日、100通以上飛んできました。もちろんすべて返信が必要というわけではありませんが、返信して複数回やり取りが続くと200通、300通などあっという間です。

新しい会社でもいずれそうなると思いますが、いまはまだそれほどメールのやり取りがありません。受信ボックスや送信ボックスも1日のメールを数えられるぐらいです。

つまり何を言いたいかというと、Outlookを開くたびにふみちゃんと同姓同名のスタッフからの昨日のメールが目に入り、落ち着かないわけです。送信者名を見るたびにドキッとします。

重要なIDやパスワードが記載されているわけでなく、単に承認のお知らせが書いてあるだけなのですが、承認を受けた証拠として保存しておいたほうがよいような気がするので削除もできません。

悶々とします…。

ちなみにこのスタッフがふみちゃん本人ということは絶対にありませんし、何かドラマが始まるようなこともありえません。オフィスの女性を見る余裕などまったくない状態です。

そもそも、会社で彼女を作るというのはものすごく難しいと思います。職場恋愛だの職場結婚だの、話を聞くたびにどうやったのか気になります。外資はドライということもありますが、恋愛などの空気はまったくありません。

「どうすれば出会いが見つけられるのか」というそもそも論から考えなければならないとは、ブサイクは辛い日々が続きます。