電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

要精密検査

長生きしたいと思ったことはありませんが、かといって早死にしたいと思ったこともありません。生まれたときに定められた天寿を全うできればそれでよいのです。

内定後に受けた健康診断の結果をもらいました。予約から支払いまですべて会社がやってくれる代わりに結果は会社に送付されるということで心配していましたが、さすがに返してもらえました。

私は入院や手術を受けたことがありませんし、骨折などもありません。前職に先日、健康保険証を返却したのですが、在籍中に健康保険証を1度も使わなかったことに気付きました。

wakabkx.hatenadiary.jp先日も書いたように3年ぶりの健康診断でした。無事に入社できたので大きな問題はなかったわけですが、就業に支障をきたす疾患が見つかれば内定取消もあり得たのです。

しかし、封筒を開き、診断結果を見て真っ先に目に飛び込んできたのは ↓ でした。

f:id:wakabkx:20180804101744j:plain

普通はびっくりするかもしれませんが、私にとっては想定の範囲内です。診断結果を見る前からこうなることは分かっていましたし、こうならなければおかしいとすら思っていました。

詳細を見ると、肝機能を示すγ- GTPが基準値は50以下のところ247でした。さすがに3日間、アルコールを抜いたぐらいではどうにもならなかったわけです。

糖代謝や脂質、腎機能など12項目中、11項目はすべて正常であるA判定でしたが、肝機能だけ要精密検査のE判定でした。アルコールさえ断てば健康優良児になれるようです。

常々書いているように私は独り身で、守るべき家族などありません。奥さんや子どもがいれば生活を改善するのでしょうけど、必要性に迫られていないので悠々自適です。

ただ、早く死にたいなどと思ったことは1度もありません。学生時代に近しい人物の自殺を何度か経験するたびに「命を粗末にしやがって…」と憤りを覚えました。

望まなくともいずれ死ぬのに急ぐことはないだろう。悩むならとりあえず生きておけば? ― 葬儀に参列するたび、いつも思っていました。

新聞記者時代に人間の生々しい現実を数え切れないほど目の当たりにしてきました。そのため、運命などという目に見えないものを意識することはありません。

普通に生活し、普通に死に、それが良かったのか悪かったのかは後から考えればよいことです。ただ、私の飲み方は明らかに普通ではないので、これだけは普通に戻さないと。