電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

鶏と野菜のバルサミコ酢あん

台風で雨が降ったせいか、週末は少し涼しかったのですが、今日は猛暑が戻ってきました。暑くなると酸っぱいものが食べたくなります。冷蔵庫を開けると以前に買ったバルサミコ酢が目に入りました。

f:id:wakabkx:20180730203113j:plain

メカジキのソテーを作った際のソースに使ったものですが、それ以来、特に使い道がありませんでした。賞味期限はまだ先ですが、バルサミコ酢を使って何か作れないものか。

よし、あれを作ろう!

f:id:wakabkx:20180730203037j:plain

鶏もも肉を一口大に切り、醤油と酒、すりおろした生姜を混ぜたものに漬け込み、下味をつけます。

f:id:wakabkx:20180730203334j:plain

その間に野菜を切ります。レンコンとナス、赤パプリカ、黄パプリカ、オクラです。

f:id:wakabkx:20180730203402j:plain

野菜を素揚げしていきます。

f:id:wakabkx:20180730203427j:plain

鶏もも肉は片栗粉をまぶして揚げていきます。

f:id:wakabkx:20180730203455j:plain

きちんと火が通っているか確認するという名目で鶏もも肉をつまみ食いしたところ、この時点で美味しゅうございました。

f:id:wakabkx:20180730203624j:plain

バルサミコ酢と醤油、みりん、蜂蜜を混ぜてタレを作ります。

f:id:wakabkx:20180730203703j:plain

鶏もも肉と野菜にタレを絡めていきます。

f:id:wakabkx:20180730203733j:plain

水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみを出していきます。

f:id:wakabkx:20180730203804j:plain

大戸屋の人気メニューである鶏と野菜の黒酢あんを再現してみました。バルサミコ酢を使うと洋風になり、ご飯よりバケットのほうが合う気がします。もちろん、ご飯にも合います。

まだ7月で夏本番はこれからですし、明後日から新たな挑戦が始まります。栄養をたっぷり摂って乗り越えます。