電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

くよくよタイムと集客

季節に関係なく、ライブ後はいつも汗だくになります。ステージを照らすスポットライトの熱量は相当のものですし、大音量で弾き続けるのは体力を使います。

ライブ後にはキンキンに冷えた例のヤツが5割増しで上手く感じられます。このためにバンドをやっていると言っても過言ではありません。きょうもグビグビといただきました。

f:id:wakabkx:20180722031923j:plain

ただ、帰りの電車で1人になるといつもくよくよタイムが始まります。「何であそこでミスしたんだろう」「リハでは1回も間違えたことがないのに」と。

いつも入れ替わり立ち替わり、私の知り合いが1人は必ず観にきているのですが、今回は初めて1人も来ませんでした。みんな予定が重なってしまったせいですが、これも原因の1つではないかと思います。

私はライブをやる際、積極的に集客しません。Facebookに告知を出したり、バンドをやっていると言って興味を持った人にライブの日時を伝え「暇だったら来て」と言ったりする程度です。

バンドをやっている友人や知人が多いため、ライブへの誘いも頻繁にきますが、正直言って私はそれが苦手です。だから自分は同じことをしないようにしています。

それに大抵、チャージ2000円+1ドリンク500円ぐらいかかります。観ている側も1杯で収まるわけがありませんから気付いたら3000円~4000円を使ってしまいます。

「10人は集客してください」といったノルマがある場所ではやらないようにしているのでこちらに費用はかかりませんが、アマチュアのライブでそんなにお金を使ってもらうのが申し訳なくなります。

1年に1回であればそれでも構いませんが、毎月のようにライブをやっていると気軽に誘うこともできません。いくらきちんと稼いでいる社会人であっても、です。

あちこちで名前が知られるようになり、ありがたいことに今年に入ってからは様々なお店でやらせてもらえるようになりましたが、どこもチャージで2000円はかかります。

ただ、きょうのように自分の知り合いが誰もいないとテンションが上がらないことも事実です。やはり知り合いが来てくれると嬉しく、良い演奏をしようと思うものです。

このブログで集客しようかと思ったことは何度もあります。しかし、こんな恥ずかしいブログを書いているブサイクのツラを晒すのは申し訳なく、そもそもリアルの付き合いを前提にしていません。

「観てみたい!」という方にはもちろん情報をお伝えしていますし、実際に観にきてくれた方もいます。とてもありがたく思いました。

昨年のオフ会的なものもそうですが、ブログを通じて知り合った方と直接お目にかかるのは不思議であると同時にとても嬉しく、縁を感じます。

私ともつ焼き片手に飲んでみたいというお誘いは決して嫌ではありませんし、タイミングさえ合えば現れます。「一期一会」という言葉はとても良い言葉だと思っています。

ただ、これとライブの集客は別物であって、それなら集客のためのバンドのブログを立ち上げるべきだと思っています…うん、やはりこのブログは私だけのものです。

次のライブは8月11日(土)に東京・神田です。私のバンドの他にもう1バンドだけ、いわゆるツーマンです。相手はプロで、私のバンドの今年の大一番になります。

集客がんばります。