電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

職務質問からの献花

職務質問を受けました。

不審者出没情報があったらしく、近所に小学校があるため、警察官がパトロールを強化しているそうです。良い気持ちはしませんが、子どもを守るためには仕方ありません。

ヒゲは昨日剃ったばかりなのでそれほど伸びていませんし、髪も少し寝癖がついていたぐらい、服もTシャツとショートパンツでこざっぱりしていたのですが、いい大人の男が平日の昼間にフラフラしているのはやはり不審のようです。

コンビニにタバコを買いに行っただけだったので身分証明書を持っておらず、警察官が2人、マンションまでついてきました。お勤めご苦労さまです。

マンションのエントランスでばったりオーナーさんに遭遇し、近隣の顔役であるオーナーさんが身分を証明してくれたので事なきを得ました。有休消化中で1か月休みだと伝えたときの、私を羨ましそうに見る警察官の視線が忘れられません。

あらためてヒゲを剃り、寝癖をきちんと直してから、横浜の台所と呼ばれる横浜橋商店街に買い物に行ってきました。桂歌丸師匠が名誉顧問を務めていた商店街で、実は近所です。

師匠は有名になってもずっとここに住んでいたそうです。横浜といえばみなとみらい地区などオシャレな場所をイメージする人が多いと思いますが、ここはざっけない下町です。

元々、遊郭だった地区で、碁盤の目のようにきちんと区画分けがされています。そもそも、師匠の実家は遊郭だったそうな。男が憧れる粋な雰囲気はここで培われたのでしょう。

f:id:wakabkx:20180703231811j:plain

アーケードには横断幕が貼られ、献花台が設けられていました。近所に暮らしていながら1度もお見かけしたことがありませんが、私も花を手向けてきました。合掌。