電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

内定

ここ最近、残りの人生がまるでプロ野球の消化試合のような、やる気のないことを書いていましたが、これはあくまでも世を忍ぶ仮の姿です。ようやく本当のことが書けます。

転職します。
ちなみに次も外資系です。きょう、内定の連絡と諸条件をまとめたオファーレターをもらいました。提示されたポジションと年収が希望を大幅に上回るもので、正直言って少し腰が引けています。

日系企業でいう課長代理で、部下が6人つきます。年収はさすがに4桁万円には届きませんでしたが、これはあくまでもスターティングサラリーであり、2~3年後には4桁万円になる見込みです。

実は2月にエージェントに登録し、限られた時間で転職活動をしていました。ブサイクとして生まれてしまった以上、プライベートの幸せはとっくに諦めていますが、自身の努力で何とかなる仕事については諦めるわけにいきません。

出版社ではありませんが、インハウスの編集部で記者兼編集者として働きます。どちらかというと記者としての比率が高く、私にとっては願ったり叶ったりです。

これからしばらく慌ただしくなりそうです。転職活動のことなど書きたいことはたくさんあるので、少しずつ書いていきたいと思っています。

f:id:wakabkx:20180612214648j:plain

今夜は1人で祝杯をあげていました。塩もつ煮込みが染み渡ります。