電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

現実と虚構

フェイスブックやツイッター、インスタ、ブログなど、SNSがこれだけ発達していると、知り合いを偶然に見つけてしまうことが多かれ少なかれあります。

フェイスブックはリアルでのつながりが目的ですし、私は同窓会ツールとして同級生と連絡を取るために使っているので、本名で登録して顔写真も載せています。

しかし、ブログとツイッターはあくまでもウェブ上だけのもので、私であると気付かれたくありません。特にふみちゃんのことを書いたものを読まれようものなら夜逃げします。

私のブログへのアクセス数はかなり少ないので、要所はきちんと外しつつそれなりに書いていますが、もしかしたら知り合いに見つけられているかもしれません。

私も職場の同僚のツイッターを見つけてしまったことがあります。顔写真を載せていたので身バレしてもよいのでしょうけど、少し見ただけでそれ以降は見ていません。

なかなか繊細なことを呟いていたのでどうしてもイメージが変わってしまい、今後の仕事で影響が出てしまうかも知れないと思ったからですし、私もやはりブログを読まれたくありません。

「誰でも見られるようにしているのが悪い」と言われてしまえばそれまでですが、それでも読むのは遠慮してもらいたいですし、私も知り合いだと分かっても何もしません。

ましてや「○○さんですよね」などとコメントを書き込むことなどありえませんし、やめてほしいというのが本音です。日常生活の中で唯一の心の拠り所なので、見なかったことにしてもらいたいものです。

現実と虚構の境目を越えず、そっとしておいてほしいと思うわけです。