電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

かわいいぬか床

f:id:wakabkx:20180415200950j:plain

暖かくなり、かわいいぬか床が元気になってきました。

一昔前と違っていまは部屋の中が暖かいですし、キュウリやナスなどぬか漬けに向いた野菜が季節を問わずに手に入るようになりましたが、冬は何となくぬか床も元気がないように感じます。

旨味が足りないというか、味がぼんやりしているというか、ずっと漬け続けているので乳酸菌など微生物が疲れているのかもしれないと思い、冬はぬか床を休ませるようにしています。

ぬか床は冷凍できます。再開するときは自然解凍し、1~2回捨て漬けすれば元通りです。先日、冬眠から起こし、キャベツの芯をあげたらすぐ元気になりました。

まるでぬか床が生き物のように書いていますが、決して間違いではありません。ぬか床は生きています。ペットと同じようなもので、構ってあげないとすぐにへそを曲げますし、最悪の場合には死んでしまいます。

その代わり手入れを怠らなければご機嫌ですし、永遠に生き続けます。その日の天気や気温によって微妙に味が変わり、育てるのがとても楽しいです。

私のぬか床は実家のぬか床をベースに10年以上、改良を重ねたところ、いまでは実家のぬか床とまったく違う味になっています。入れているものは大して変わらないのですが、とても不思議に思います。

ぬか床というと毎日のお手入れが大変だと思われがちですが、1人暮らしなのでタッパーで十分ですし、冷蔵庫に入れれば3~4日かき混ぜなくても問題ありません。

f:id:wakabkx:20180415201050j:plain

スーパーでカブとミョウガが安くなっていたので漬けようと思って買ってきました。大きめのカブなので、いまから漬ければ明日の夜には美味しく漬かっているはずです。

職業:外資系出版社編集者
趣味:バンド、読書、生け花、ぬか漬け作り

仮に婚活でもしたとき、プロフィールにこんなことを書くと目を引くかもしれません…婚活しませんが。なお、ぬか床をかき混ぜながら話しかけていることは秘密です。