電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

基本のトマトソースからの牡蠣とブロッコリーのトマトクリームパスタ

きょうは急いで書かなければならない原稿などもなく完全オフでした。昨夜は夜遊びしてきたので遅く起き、コーヒーを飲んでぼーっとしていたらあっという間に昼でした。

「トマトソースのパスタでも作ろう」― 朝ごはんと昼ごはんを兼ねてさっと作ろうと思ったところ、小分けして冷凍しておいたトマトソースがなくなっていることに気づきました。

作ります。

f:id:wakabkx:20180225181613j:plain

トマト缶とにんにく、ソフリット用のセロリと玉ねぎ、にんじんです。

f:id:wakabkx:20180225181645j:plain

フードプロセッサーでみじん切りもあっという間です。セロリとにんじんは一緒にやりました。

f:id:wakabkx:20180225181714j:plain

鍋にオリーブオイルを入れ、温まってきたところでにんにくのみじん切りを入れます。

f:id:wakabkx:20180225181741j:plain

香りがたってきたところでみじん切りにしたセロリと玉ねぎ、にんじんを投入します。

f:id:wakabkx:20180225181805j:plain

弱火でじっくり炒めているとペースト状になり、旨味が凝縮されます。そこでトマト缶を入れます。

f:id:wakabkx:20180225181834j:plain

キッチンで育てているバジルをみじん切りにして入れます。乾燥バジルでも美味しいですが、生のほうが良い香りがします。

f:id:wakabkx:20180225181903j:plain

塩胡椒で味を調え、コトコトと煮込んでトマトソースの完成です。

トマトソースの材料を近所のスーパーに買いに行ったところ、牡蠣が安くなっていました。ブロッコリーを買い、トマトクリームパスタを作ることにします。

f:id:wakabkx:20180225182001j:plain

みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで炒め、水洗いした牡蠣とブロッコリーを入れ、白ワインを加えて炒めます。

f:id:wakabkx:20180225182035j:plain

生クリームと牛乳を入れます。

f:id:wakabkx:20180225182100j:plain

先ほど作ったトマトソースを加えます。

f:id:wakabkx:20180225182126j:plain

弱火で加熱しながらパスタの茹で汁を加え、ソースを乳化させていきます。

f:id:wakabkx:20180225182205j:plain

茹で上がったパスタをどーんと投入します。このときにパルメザンチーズを加えて混ぜるとコクが出ます。

f:id:wakabkx:20180225182235j:plain

パセリを振って完成です。牡蠣の旨味があふれる濃厚なお味でした。

トマトソースは小分けして冷凍保存が可能です。さまざまな料理に使える万能ソースで、ずずず家の冷凍庫に欠かせません。前のものはいつの間になくなったのだろう。

食べたのは結局、おやつの時間になってしまいました。お腹がペコペコだったにもかかわらず、作っているうちにお腹がいっぱいになってきて、でも残すわけにはいかないので完食したら今度はお腹がパンパンです。

パスタを半分食べてくれる食いしん坊の天使を(以下、略)。