電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

豚の角煮と活車エビ

「そういえば最近、豚の角煮を作ってないなあ」― 作ります

f:id:wakabkx:20171230191628j:plain

近くにある商店街で豚バラ肉を約1キロ買ってきました。これで980円(税込み)ですから、さすが横浜市民の台所です。

f:id:wakabkx:20171230191721j:plain

大きめにカットして肉の表面を焼いていきます。油を引かなくとも肉からラードが溶け出してきます。これで炒飯を作ると美味です。

f:id:wakabkx:20171230191753j:plain

鍋に肉を並べ、長ネギの青い部分と生姜、八角、先日ミートソースを作ったときに残しておいたセロリの葉をついでに入れます。

f:id:wakabkx:20171230191823j:plain

そして三ツ矢サイダーです。これだけで水と砂糖が加わりますし、何より炭酸が肉をやわらかくしてくれるという、一石三鳥です。

f:id:wakabkx:20171230191851j:plain

蓋をして煮ます。このときは三ツ矢サイダーの甘い香りに長ネギや生姜、セロリの香りが混ざった、何とも言えない香りが漂いますが、後で消えます。

f:id:wakabkx:20171230191928j:plain

2時間ほど煮込んだところで長ネギとセロリを取り除き、醤油と酒、みりんで味を調えて昆布を入れ、追い三ツ矢サイダーです。例によって調味料は勘で、確か醤油を4秒くらい入れたような。あとはコトコト煮込むのみです。

f:id:wakabkx:20171230192006j:plain

魚屋さんの前を通りかかったとき、活車エビが目に入りました。酒蒸しにしたら美味そうだと思いましたが、5本1,000円、つまり1本200円と思うと手が伸びませんでした。

今日の書斎の掃除は途中で力尽きました。明日は朝から角煮丼を食べて力をつけ、綺麗な書斎で新年を迎えたいと思います。