電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

お稲荷さん

夏休み4日目です。夜はベッドの中でぬくぬくしながら眠くなるまでマンガを読むという至福の時間を過ごしています。

ふだんは午前6時には起きています。そのため、遅くとも午前2時までには眠るようにしているのですが、今週は明け方までマンガを読んでいます。

そして、午前9時すぎに起きるわけです。慌てて着替える必要がなく、寝癖が爆発したままのんびりとエスプレッソを淹れられることに幸せを感じます。

並行して、昨夜の牛すじシチューを温めます。一晩寝かせたので、あんなに固かった牛すじが箸で簡単に切れるほどになりました。

f:id:wakabkx:20171215184138j:plain

朝から牛すじシチューを食べながら、きょうは何を作ろうかと考えていたところ、FMからいなり寿司の話題が聞こえてきました。

作ります。

f:id:wakabkx:20171215184223j:plain

油揚げを甘辛く煮ます。私の味覚はお子さまなので甘めです。きょうは休みなので自分で煮ましたが、ふだんは市販の味付け油揚げです。

f:id:wakabkx:20171215184259j:plain

炊き上がったお米に寿司酢と具を混ぜます。よく買っている山菜の水煮がとても高く、どうしようかと思っていたら、五目寿司の具が安くなっていたので、それで済ませました。

f:id:wakabkx:20171215184329j:plain

油揚げに酢飯を詰めて完成です。たくさんありますが、1つひとつが一口サイズですので、明日にはなくなります。味見してみたら、我ながら良いお味でした。

お狐さまは油揚げやいなり寿司が本当に好きなのでしょうか。お供えしたら私の願いを叶えてくれるのでしょうか。

私の願いはいまも変わりません。ふみちゃんがずっと元気で幸せでいることです。願いが叶ったのかどうかを知る術はありませんが。