電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ほんの少しの幸せ

「イケメンになりたい」とは思いません。我ながらさすがにそれはおこがましいと分かっています。ただ、せめてもう少し普通であれば、と思ってしまいます。

髪は長くもなく短くもなくさっぱりと、髭は毎日きちんと剃り、服もスーツではないけれど小綺麗なチノパンと革靴。

汗をかく時期は制汗スプレーやボディペーパーをこまめに使い、汗をかきにくい今の季節は少しだけオードトワレをつけています。

体型にもそれなりに気を遣い、身長175センチで体重60~61キロをキープしています。腹肉が少し気になりますが、そこは股下87センチでカバーです。

朝の定型業務を片付けたところでふと缶ではなく普通のコーヒーが飲みたくなり、外に出ようとしたところ、道路の向こうで信号待ちをしているふみちゃんを見つけました。

今朝はいつもの同僚がいないようでふみちゃん1人でした。ふみちゃんが私のオフィス前を通るのをエントランスの影からやり過ごし、後ろ姿を見送りました。

仕方ない、ブサイクはこうして毎日を過ごすのみです。

f:id:wakabkx:20171122210927j:plain

仕事中にかけているPCメガネのテンプル部分(耳にかけるツル部分)の先に付いているラバーパーツがボロくなったので帰りに交換してきました。

先週行って在庫がなく、取り寄せまで1週間待ちましたが、無料で交換してくれました。「おいくらですか?」「無料です」と言われてびっくりしました。

たったこれだけでほんの少し幸せです。