電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

在宅勤務

私は在宅勤務が嫌いです。なぜなら、キリがないからです。また、誰も見ていないので、逆にいつも以上に気を遣います。

客先に出向かなければならない営業やオフィスでないと仕事ができない経理の友人は「在宅勤務は夢だ!」と言います。

しかし、起きた瞬間にPCの電源を入れてメールチェックして仕事開始、そのまま延々と21時、22時までついPCをつけっぱなしにしてしまいます。

オフィスにいるときと同じように、定時になったらPCをシャットダウンすればよいのでしょうけど、いつも以上に気を遣っているため、それがなかなかできません。

その間に飛んでくるメールは通常、翌日に対応しますし、それで何の不都合もありませんが、メールを見てしまったら対応しないママにすることは性格上できません。

損な性格…。

「台風が接近しているから翌朝の交通機関は大変だ」と散々言われていても、実際は過ぎ去った後で何でもないということがよくあります。

しかし、今朝は珍しくそのとおりでした。ネットで電車の運行状況を調べたところ遅れながらも動いているとのことだったので駅まで行きましたが、実際は止まっていました。

そのせいでホームには人があふれ、階段にまで行列ができ、いつになったら電車に乗れるのか分からなかったので、自宅に戻って仕事を開始しました。今日はこのまま在宅勤務です。

いまは私がオフィスにいなくてもなんら困ることはありません。コーヒーを飲み、タバコを吸い、FMを聞きながらのんびり仕事をします。