電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

外出許可

再来週から私に外出許可が下りるようです。その件に関する説明があるようで、週明けに呼び出しを受けています。

万策尽き、にっちもさっちもいかなくなり、会社として私を投入せざるを得なくなったようです。大きな売り上げをもたらす案件ですから、上司も呑むしかなかったようで。

ただ、外出許可といっても2週間だけの期間限定です。また、毎回の行き先と所要時間を正確に事前申告しなければならないようです。

さらに、外出できる回数にも制限があるようで、好き勝手に行動できるというわけではなさそうです。正直言って、とても動きにくいです。

しかし、すべてはクライアントの都合です。「この日でないと難しい」と言うクライアントがいれば、1日に3本の取材が入ることもあります。

クライアントは数十万円もの大金を払って出稿してくれるため、クライアントの都合を最優先しなければなりません。

こちらの都合で「その日は1件までしか取材を受けられないことになっていまして…」などと言えるわけもありません。

私がいまやっている業務は誰でもできるものです。詳細なマニュアルがありますし、実際に昨年まで派遣スタッフがやっていたことです。

一方、こちらのクライアント案件は、現時点では私でないとできません。クオリティと時間、予算などすべてを考慮すると、いま社内でそつなくこなせるのは私だけです。

クオリティ、時間、予算のうち1つの条件を満たすだけであれば他のスタッフでもできますが、すべてを平均以上の水準で満たすとなれば、現時点では私だけなのです。

どちらを優先すべきかは誰の目にも明らかです。同じ1つの会社で働く仲間なのに、部署間の諍いほどくだらないものはありません。

何本の取材が入るかはクライアントの都合次第ですが、ずっと内勤だったので久しぶりのインタビューがとても楽しみです。

やはり私は人に会って話を聞くことが性に合っているようです。スーツも久しぶりなのでクリーニングに出さないといけません。

帰りの電車に揺られているとき、ふと無性にふみちゃんの目がなくなる笑顔を見たくなりました。しかし、それは2度とあり得ませんし、願うべくもありません。

横浜は秋を通り越して夏から一気に冬になってしまいました。心が弱っているのかもしれません。もう少し踏ん張らないといけないようです。