電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

食べるスープ

最近…というほど最近ではありませんが、長崎ちゃんぽんのチェーン店のリンガーハットで「野菜たっぷり食べるスープ」なるものが人気だそうです。

「何だそれ?」という感じですが、ひと言でいえばちゃんぽん麺抜きです。通常のちゃんぽんより具を多くし、ちゃんぽんスープに投入しています。

糖質制限が流行り始めたころ、ちゃんぽん麺抜きを頼む客が増えたそうで「それなら」ということで商品化したところ、人気になったそうです。

「麺がないちゃんぽんなんて、京急がない私の生活と同じで考えられん!」と思いましたが、食べてみるとこれがとても美味しかったです。

野菜だけで大食いの私の腹が膨れるかと思いましたが、食べた後は満腹でした。そして、麺がない分、夜遅くに食べても胃がもたれませんでした。

それ以来、帰りが遅くなるとき、たまに自分で食べるスープを作っています。ラーメンブームのせいか、いまはスーパーでラーメン用の各種スープが単品で販売されています。

今日も帰り際に少し捕まってしまい、帰りが遅くなりました。帰り道にあるスーパーで野菜などを買い込み、食べるスープを作ることにしました。今日は濃厚醤油です。

f:id:wakabkx:20171017215819j:plain

キャベツともやし、人参、ピーマン、きくらげにシーフードミックスを加えます。冷凍のシーフードミックスは独り身にとても便利です。

f:id:wakabkx:20171017215905j:plain

ごま油を熱し、シーフードミックスを投入します。油が跳ねまくるので気をつけましょう。

f:id:wakabkx:20171017215941j:plain

人参とピーマンを入れます。

f:id:wakabkx:20171017220014j:plain

そこにキャベツともやしを入れます。入れすぎのように見えますが、後からしんなりしてかさが減ります。

f:id:wakabkx:20171017220058j:plain

スープの袋に書かれた分量よりも少なめに水を入れます。野菜から出る水分を考慮してのことです。同時にきくらげを入れます。帰宅してすぐなので戻すのが面倒でした。

f:id:wakabkx:20171017220208j:plain

そこにラーメン用のスープを入れて煮込みます。このときにすりおろしたにんにくを加えると味がぐっと良くなります。

f:id:wakabkx:20171017220249j:plain

ネギを入れて軽く煮込んで完成です。寒い夜に熱いスープが身に染みます。

ふだん、あまり料理をしない方はカット野菜で十分です。私はあれば料理しますし、1個ずつ買うよりも安いので、ある程度まとまった量の野菜を買います。

野菜を切ってインスタントのスープで煮込むだけという手抜き料理ですが、仕事で疲れて遅くに帰ってきて、さらに今日はまだ火曜日というのにしっかり料理する気になれません。

玄関を開けても人気がなく真っ暗、ひんやりした空気が頬をなでる寂しい独り身と一緒に食べるスープを食べてくれる食いしん坊の天使を(以下、略)。