電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

本質

仕事に対する考え方、趣味のバンドや料理について書いたことだけを読むと、自分で言うのもなんですが、私のブログはそれなりに魅力的なのかもしれません。

ただ、それらはあくまでもオマケであって、私のブログの本質はそんなところにありません。

通勤電車で毎日一緒になる二階堂ふみ似の女性「ふみちゃん」に一目惚れし、1年半に渡って片想いを続けたものの、当然の如く撃沈したブサイクの日常なのです。

ブサイクで申し訳ない…。

撃沈したにもかかわらずふみちゃんへの想いを断ち切ることができず、こうして毎日、ずるずると引きずり続けている気持ちを書き続けているだけです。

現実世界での私は明るいブサイクです。男女問わず友人も多く、バンドでは私個人のファンもいて(みんな男ですが)、充実していると思われています。

しかし、実際は「どうせブサイクだし…」と卑屈になっているブサイクで、現実世界で吐き出せない負の部分を思いっきり吐き出しているのがこのブログです。

一瞬の気の迷いで読者登録をポチッとしてしまった方はいますぐ解除することをオススメします。重いよ、暗いよ、ブサイクだよ。

今日の帰りも近所の稲荷社に寄ってしっかりとふみちゃんが幸せになれるようお願いしてきました。またもや蝉に襲われましたが、平常心です。

f:id:wakabkx:20170814211946j:plain

昨日作った牛スネ肉の赤ワイン煮が一晩寝てとても美味しくなっていました。せめて夢の中でふみちゃんに食べてもらえたら…と思いますが、それこそ夢のまた夢です。