電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

ゲラ

久しぶりに大量のゲラを持ち帰った金曜日の夜です。

年間10タイトル以上の書籍を制作していた一昨年までは毎週末、ゲラを入れた大きな封筒を手に持って帰っていました。週末に自宅で読むためです。

弊社の書籍はA5版が基本です。制作中のゲラは見開きになっているのですが、A3用紙に出力すると版型を維持しつつ上下左右に赤字を書き込む余白ができます。

今回のタイトルは本文だけで現状、420ページになっています。出力するとA3用紙で210枚になり、それなりの重さになります。

2~3タイトルを同時に進めていたときは単純に2倍、3倍になり、持ち帰るだけでもひと苦労でした。しかし、今日は久しぶりの紙の重さを心地良く感じました。

明日と明後日はリハやライブ、レコーディングの予定がありません。ソファやベッドに寝転んで、リビングの食卓で、キッチンで煮物などを作りながら、赤ペン片手に静かにゲラを読み込むつもりです。

横浜は今日も蒸し暑いのですが、風が吹いていたので自宅の最寄り駅から2駅手前で降り、川沿いをのんびりと歩いて帰ってきました。

もちろん、自宅近くの小さな稲荷社に今日も寄ります。今日は小銭入れの中に珍しく5円玉があったので、それを賽銭箱に入れます。

今日も明日も明後日も、ふみちゃんが幸せでありますように。

www.youtube.com