電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

鶏手羽元のさっぱり煮

あまりの暑さに食欲がなくなる、少しは食欲があったとしてもつい冷たいものを食べてしまう季節ですが、こういうときこそしっかりと食べなければ夏バテになってしまいます。

アルコール依存症の私が健康について語ることほど説得力がない話も珍しいですが、気にせず料理します。手羽元が安かったのでお酢でさっぱりと煮ます。

f:id:wakabkx:20170718183946j:plain

大きめなので、味が染み込みやすいよう、真ん中あたりに骨に沿って切れ込みを入れます。このひと手間で「煮る=火を使う時間」を短縮できます。暑いので火を使うのは短時間で収めたいところです。

f:id:wakabkx:20170718184011j:plain

両面に焼き色がつく程度に軽く焼きます。焼かずにそのまま煮るレシピもありますし、それでもまったく問題ありません。何となく焼きたい気分だっただけです。

f:id:wakabkx:20170718184030j:plain

お酢と醤油、酒、砂糖、水を入れ、落とし蓋をして煮ます。例によって調味料は適当で、お酢をどぼどぼと入れたはずです。クックパッドにレシピを投稿してみたいのですが、これではまったく参考になりません。

f:id:wakabkx:20170718210248j:plain

お酢の味は残りませんが、普通に煮るよりも鶏の脂がさっぱりし、後味もすーっとしています。また、お酢の効果で肉が軟らかくなり、持っただけでホロホロと崩れるほどです。

実はこれ、昨夜に作ったものです。「一晩寝かせよう」と思ったわけでなく、作っているうちに香りなどで何となくお腹がいっぱいになってきてしまいました。

料理はとても楽しいのですが、作っているうちにお腹がいっぱいになってしまうのが難点です。「食べるほうが好き!」という食いしん坊の天使を(以下、略)。