電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

いてもいなくても

「いてもいなくても同じだから構わないが」

私が体調不良で休みだと知り、ダイレクターが今朝、言い放ったそうです。隣のデスクの同僚からメールが届いていました。

自分に逆らったらどうなるか、という恐怖心を周囲に与え、逆らえないようにしているわけですから、パワハラの一環と言ってもよいのかもしれません。

しかし、私はこれをパワハラと思いません。「パワハラを受けている」と思った瞬間に負けた気持ちになってしまうからです。

私は一重の切れ長の目で色白で、感情を表情に出すことが滅多にないため「能面のようだ」とよく言われますが、中身はいつも燃えています。

新聞記者時代、パワハラの現場を取材し、苦しんでいる人々の様子を特集として何度も書きました。それと比べれば私のいまの状況などかわいいものです。

大丈夫、オレなんてまだまだ。がんばれ、オレ。

ただ、常にこうして自分で自分に言い聞かせないと負けてしまいそうであることも事実です。パトラッシュ、僕はそろそろ疲れてきたよ…。

広告を非表示にする