電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

上半期末

弊社の会計年度は1~12月です…つまり今日は上半期末ということになり、セールスやファイナンスにとって通常の月末とは異なります。

詳細な部分は把握していませんが、数字が良くない、はっきり言って悪いということは耳に入っています。セールスはかなり厳しく締め付けられているようです。

2週間ほど前もたまたまセールスのフロアに行ったところ、仲が良いセールスがダイレクターと2人で会議室に入っていたのを見ました。

声は聞こえませんが、透明のガラスなので中が見えます。ダイレクターはデスクを叩きながら話し、セールスはずっと俯いていたので、詰められていたのかもしれません。

彼はとても真面目な良い人で、弊社のような一匹狼タイプが多いところでは貴重な存在です。仕事に対しても真摯に取り組んでいますが、イマイチ結果が出ていません。

営業は結果がすべてです。いかに過程が素晴らしかろうと、数字で示すことができなければ評価はゼロです。人として良くても営業として無能であれば不要です。

私は編集部の中で製品企画を担当しているため、数字は求められていません。しかし、私がこうしていられるのはセールスが金を取ってきてくれるからです。

製品が先か、金が先か、鶏と卵のようなものですが、少なくとも私は金が先であると思っており、セールスにはとても感謝しています。

手助けできるものならしてあげたいのですが、私にできることといえばせいぜい、編集部で持ち上がっている新製品の情報ぐらいで、すぐ金になるものではありません。

何とか辞めずにがんばってもらいたいのですが。

ところで昨夜アップしたエントリで一部、不適切な表記がありましたので修正しました。もし、見てしまった方がいたら見なかったことにして忘れてください。

コメントやメールでお知らせいただいた方、どうもありがとうございました。ベロベロに酔っ払った状態でブログを書くのはやはり控えます、はい。

広告を非表示にする