電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

美女と野獣

人は何のために生きているのか ― 答えは1つ、より良い遺伝子を後生に残すためです。

美人やイケメンがもてはやされるのは、自身の遺伝子を引き継ぐ者の容姿を少しでも良いものにしようという、人の本能に基づく行為です。

そして、本能に基づく行為は自身でコントロールできません。ブサイクがどれだけ努力しても本能的なものを揺り動かすことは不可能です。

しかし、美人やイケメンでも一定レベルを突き抜けてしまうと自身の遺伝子だけで十分、良いものが生まれると理解しているため、相手の容姿を気にしません。

街でたまに見かける美女と野獣のようなカップルはまさにこれです。美女のほうは自身の遺伝子に自信があるため、相手にこだわる部分が通常と異なるわけです。

オフィス内で私がいる編集部と営業部はフロアが違うのですが、今日は全社でのミーティングがあり、営業の美人と久しぶりに顔を合わせました。営業の美人と私のやり取りについてはこちら。

wakabkx.hatenadiary.jp私を見つけるなり隣に座り、自身のマネージャーの文句をひとしきり吐き出してから、おもむろにいま子どもを連れて実家に帰っていることを話し始めます。

旦那の浮気が発覚したからだそうで、連日のように実家に連れ戻しに来るのを「絶対に許さん!」と突っぱねているそうです。

「イケメンは3日で飽きないし、ブサイクは3日で慣れないと思っていたのに、こんな美人が奥さんでも浮気したくなるのか」

私にはまったく理解できない世界で、ぼーっと考えていると「離婚するから結婚して!」とからかわれます。困ったものです。

「ずずずさんはバツイチとか子持ちとか気にするような器の小さい人じゃないでしょ」と言われ、確かにそんなことは気にしませんが、そう簡単なものではありません。

営業の美人と私のやり取りはごく一部から夫婦漫才と呼ばれています。そろそろ身体を張ってネタを提供する芸人体質を返上したいところです。

広告を非表示にする