電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

未読メール

「受信トレイに未読メールがあります」

言われなくても分かっています。実は昨夜、某アイドルのレコーディングを手伝うことになっていて、17時にオフィスを出て以降、1度もメールをチェックしませんでした。

広告案件の校了直前であるものの、あとは外部スタッフだけで進められる状態ですし、些細な部分まで私の指示を求められることに少々うんざりしていました。

いや、それぐらいあなたの判断で決めてもらって問題ないし、事前にもそうお伝えしていますし、そもそも私は担当ではないし…。

自分はあくまでも外部スタッフであり、発注元に確認せず勝手な判断で進めてはいけない、という考え方は大切ですが、行き過ぎると“自分では何も考えない人”という印象を与えます。

心を鬼に、というか面倒くさい、かわいいアイドルのバックバンドでウキウキのところでメールに邪魔をされたくないというのが本心です。

そして、アイドルの良い匂いを堪能し、今朝、出社してメーラーを立ち上げた瞬間、一気に現実に戻されました。

未読メール194通…。

「200通を超えていないだけマシ」「自分は1日にもっと大量のメールをさばいている」という人は多いと思いますが、私は凹みます。

もちろん、どうでもよいと思われるメールもありますが、ほとんどが広告案件に関するもので、私の指示待ちのものが多くありました。

運悪く木曜日の午前中は定例のミーティングがあります。ミーティング中にもこっそりと確認しつつ、とりあえず150通をさばき、いまは現実逃避中です。

パトラッシュ、やっぱり僕はもう疲れたよ…。