読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

光源氏計画

「結婚しました!」

学生時代のサークルの先輩からFacebookで流れてきました。先輩はバツイチなので正確に言うと再婚です。

驚くのは年齢差で、奥さんは先輩より16歳下になります。先輩は塾の先生をしていて、奥さんはかつての教え子です。初めて会ったときは中学生だったそうな。

源氏物語』で主人公の光源氏が幼少期から自分好みに育て上げて最終的に妻にしてしまった紫の上を思い出します。まさにリアル光源氏

確かに先輩はカッコイイのです。子どものころから音楽の英才教育を受けて絶対音感がありますし、それからドラムに転向してとても上手いですし。

おまけに関西人なので頭の回転が速くて喋りも上手く、男女ともに一緒にいて飽きさせません。学生時代もモテていました。

体育会系の部ではないサークル、しかもバンドですが、妙に上下関係が厳しく、私は“いいね”を押して「おめでとうございます!」とコメントしただけです。

しかし、先輩と同期の方々はあれこれと書き込んでいて、その中に「また教え子に手を出したのか!」というものがありました。

…また?

私も金に物を言わせて中学生ぐらいから育て上げるしかないのか、いやそれは鬼畜だし、やっぱりふみちゃん大好きだし。

今日の帰りも近所の神社に寄ってふみちゃんの幸せをお願いしてきました。私のようなブサイクのポジションはこれぐらいが合っています。

それにしても、サークルの私の代の有志一同でお祝いを贈ろうというメールが回ってきましたが、何だか癪に障るのは秘密です。

くっそー。