読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車の中の恋人

通勤電車で一緒になる女性に恋して散ったブサメンの日常

貞子

「寝過ごしたりしないのだろうか」― 毎朝の京急でこちらが心配になるぐらいの見事な熟睡っぷりを披露してくれる若い女性がいることに気づきました。

横浜駅で特急に乗り換えるときにはすでに乗っているので、結構なところに住んでいるはずです。それでいて私のほうが先に降りるので、朝は相当早いに違いありません。

私が自宅を出るのが午前7時05分ごろで、その前から京急に乗っていて、女性なのでメイクなど出勤の準備をしていると考えると午前5時台に起きているのではないかと思います。

横浜駅に着いたときはいつも座っていて、そのころはまだ起きているのですが、品川駅に着くころには熟睡で、前のめりに倒れそうなぐらいになっています。

また髪が長いので、前のめりになると髪が顔を隠し、『リング』シリーズの貞子のような状態になっています。「お疲れなんですね」と同情してしまいます。

ただ、その女性の前に立ってしまうと自分が降りるまで座れないことを知ったので、回避しようとしているのですが、周囲もそれを分かっているのか、その女性の前はいつも空いています。

今朝も流れに押されてその女性の前に立ってしまい、約40分座れずじまいでした。今日はスーツで、革靴を履いているので、腰が痛いのです。

今日は13時に有楽町でアポが入っています。お昼休みで外に出たふみちゃんにまたこのブサイクを見せてしまう可能性があるので、オフィスを出る時間に注意しなければなりません。